瀬谷区版 掲載号:2017年9月7日号
  • googleplus
  • LINE

瀬谷区で放火相次ぐ阿久和南と宮沢で頻発

社会

 瀬谷区内で今年に入り、放火(疑い含む)が相次いでいる。8月30日までに阿久和南や宮沢などで20件発生しており、過去5年ごとの発生件数を既に上回っている。瀬谷消防署では、「放火されない環境づくり」が重要だとして、区民に注意を呼び掛ける。

消防「狙われにくい環境を」

 同署予防課によると、2012年〜2016年の放火発生件数は、疑いも含め4〜18件で推移していた。今年は既に20件発生。空気が乾燥し枯れ草が増える2月に5件続いたほか、8月にも4件あった。いずれも延焼するケースは無く、死傷者もいなかった。出火元は枯れ草や家のゴミなどで、夕方から夜にかけて多く発生しているという。

 地域別にみると阿久和南(10件)が多く、雑草地が広がる県営団地周辺で続いているという。8月は阿久和南だけで、22・23・25日に立て続けに計3件発生した。また、宮沢も7件と多くなっている。

 こうした状況を受けて同署では、本署や中瀬谷・下瀬谷・阿久和の各出張所の消防隊が巡回パトロールを展開。また、自治会・町内会の集まりで注意を呼びかけたり、掲示板に啓発チラシを貼るなどしている。

対策のポイント

 同署では放火を未然に防ぐ対策として、家の外にゴミや、古くなったタイヤなど雑物を放置しないことを挙げる。防火性の無い自転車カバーが狙われることもあるという。集積所へのゴミ出しは夜間を避け、指定時間に合わせて行う。また、放火犯の侵入を防ぐために門扉を閉めておくことや、家の周囲を明るくして暗がりをつくらないことなども対策になる。

 職員は「放火させない環境づくりが大事。もし、火災を見つけたら消防に、不審者を見かけたら警察に通報して下さい」などと話す。

大成祭典 希望が丘葬祭センター

葬儀のことなら何でもご相談ください。

http://www.taisei-saiten.co.jp/

<PR>

瀬谷区版のトップニュース最新6件

田近淳 司法書士事務所

相続・遺言・登記・債務整理・成年後見など法律の悩みご相談下さい。初回相談無料

http://www.tajika.jp/

<PR>

瀬谷区版の関連リンク

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

瀬谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

各流派の踊り楽しむ

瀬谷舞踊愛好会

各流派の踊り楽しむ

公会堂で「集い」

11月25日~11月25日

瀬谷区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

瀬谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2017年11月16日号

お問い合わせ

外部リンク