瀬谷区版 掲載号:2017年11月9日号
  • googleplus
  • LINE

花博招致、素案策定へ有識者による検討委員会

社会

旧上瀬谷通信施設跡地内の海軍広場付近
旧上瀬谷通信施設跡地内の海軍広場付近
 横浜市が、瀬谷区北部の旧上瀬谷通信施設跡地を会場に、最短2026年の開催を目指している「国際園芸博覧会」(花博)。有識者らが集まる第5回招致検討委員会が今月2日に中区で開かれ、理念や事業展開、輸送計画、開催経費などを盛り込んだ基本構想素案が示された。市では委員の意見を反映した素案を改めて策定して、市民からの意見を募る考えだ。

上瀬谷で最短2026年に

 基本構想素案では、広さ約242ヘクタールに及ぶ旧上瀬谷通信施設跡地を、都市と自然環境が共存する市郊外部再生のモデル地区と位置付け。花博開催に向けて上瀬谷を拠点整備し、周辺地域の振興を牽引するとした。また、2年前に米軍から返還された基地跡地を活用することで、国際平和や友好も発信する狙い。

 開催時期は最短で2026年4月から半年間。跡地の約45%を占める国有地を中心に、80〜100ヘクタールの会場を確保する計画。1500万人以上の入場者を想定している。開催経費の試算額は、会場建設と運営費用合わせて最大600億円ほど。

跡地計画の策定後輸送手段具体化へ

 跡地周辺には、東名高速道路の横浜町田IC(インターチェンジ)や保土ケ谷バイパスの上川井ICがある。一方で、会場にアクセス可能な公共交通機関が無く渋滞が懸念されている。

 2日に示された素案では、近隣駅からのシャトルバス運行や会場までのウォーキングルート設置などで、自家用車での来場者を抑制するとしている。新たな交通手段確保やアクセス道路改善も検討するとしているが、跡地全体の利用基本計画が決まっていないこともあり、具体的な輸送計画は定まっていない。

 今後は、民有地の地権者と協議している跡地利用基本計画が固まり次第、輸送手段を具体的に検討していくという。

基本構想案は来年

 花博実現に向けては、開催主体である国が、認証機関の国際園芸家協会などに申請する必要がある。市では今後、今回の委員会の結果を反映した素案について、市民から意見募集する。来年2月頃には基本構想案をまとめ、その後、国に招致を働きかける計画。

素案について話し合う検討委員会の委員ら
素案について話し合う検討委員会の委員ら

瀬谷区版のトップニュース最新6件

大成祭典 希望が丘葬祭センター

葬儀のことなら何でもご相談ください。

http://www.taisei-saiten.co.jp/

<PR>

瀬谷区版の関連リンク

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

瀬谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

各流派の踊り楽しむ

瀬谷舞踊愛好会

各流派の踊り楽しむ

公会堂で「集い」

11月25日~11月25日

瀬谷区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

瀬谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2017年11月16日号

お問い合わせ

外部リンク