瀬谷区版 掲載号:2017年12月7日号
  • googleplus
  • LINE

子育て世代の広場「きりかぶ」を開所した五貫目町ムーミンの会の代表を務める 小林 茂美さん 五貫目町在住 73歳

居心地良い「きりかぶ」に

 ○…五貫目町周辺に暮らす親子の交流を目指し、1日に開所した「きりかぶ」。横浜市が進める「親と子のつどいの広場」として区内4カ所目の施設となった。民生委員・児童委員を務めていた3年半ほど前から、地域のキッズルームや会館で月1回の子育て広場を続けており、つどいの広場への移行が持ち上がったのは約1年半前。開催日が増えることで利用しやすくなる一方、運営の責任も負担も大きくなる。逡巡したが、周囲からの後押しと支援があり、移行を決意した。1日の開所式で新たなスタートを切り、「ホッとしている。ようやく、ここまできました」と胸をなで下ろす。

 ○…銀行と商社で働き、仕事漬けだったサラリーマン時代。退職に合わせて、五貫目町に移り住んだ。これまでに自治会長や民生委員・児童委員を歴任。一連の活動によって、世代や地域を越えた「新しい仲間」が出来たことが、きりかぶ開所に繋がったという。子どもと接するのは「苦手というか、下手というか」と苦笑い。現場は、赤ちゃん訪問員や育児の経験がある女性スタッフに任せて、自身は代表として安定的な運営や渉外に力を注ぐ。

 ○…子どもは独立し、妻と2人住まい。仕事を辞め、「人生でもう一回、何かチャレンジしたい」と様々な趣味を模索して始めたのが俳句だ。「『言葉』が好きな自分にピッタリだった」と、その出会いを語る。日常の出来事や心情を日記のように詠むのが、今の習慣。秋には横浜俳話会の大会で俳話会賞を初受賞した。「いつか、人の記憶に残るような俳句を詠めたら」

 ○…親子が気軽に立ち寄り、座れる場所という意味を込めた「きりかぶ」。施設前の道路を「きりかぶストリート」と親しみを込めて呼び、住民への浸透を図っていく。将来的なアイデアとしてシニア層との親睦も考えており、「高齢者が子どもに何か教えたりできたら面白い」と世代間交流も視野に入れる。

12/16家族葬の個別相談会

知っておきたい最近の葬儀についてご説明いたします

http://www.sougi-itabashi.co.jp

<PR>

瀬谷区版の人物風土記最新6件

梅田 嘉明(よしはる)さん

(一社)横浜市民間病院協会の会長として民間病院の連携に取り組む

梅田 嘉明(よしはる)さん

11月30日号

大坪 陸男(むつお)さん

相沢小学校の創立50周年実行委員会の顧問を務める

大坪 陸男(むつお)さん

11月23日号

平野 正文さん

かながわベスト介護セレクト20に選ばれた介護老人福祉施設「ひだまり館」の施設長

平野 正文さん

11月16日号

糀谷(こうじや) 晴治さん

中屋敷地区センターで11月22日・29日に行われる編みぐるみ教室の講師

糀谷(こうじや) 晴治さん

11月9日号

黒田 芳江さん

11月18日に第20回発表会を開く黒田歌謡教室の代表

黒田 芳江さん

11月2日号

井上 忠さん

10月14日の市消防操法技術訓練会に出場した瀬谷消防団の第4分団長を務める

井上 忠さん

10月19日号

瀬谷区版の関連リンク

意見広告・議会報告政治の村

  • 瀬谷区発展の起爆剤に!

    旧上瀬谷通信施設への花博招致 熱血市政レポート

    瀬谷区発展の起爆剤に!

    横浜市会議員 花上(はなうえ)喜代志

    12月7日号

あっとほーむデスク

瀬谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

講師にアナウンサー

朗読講演会

講師にアナウンサー

来年1月 実演も

1月17日~1月17日

瀬谷区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年12月7日号

お問い合わせ

外部リンク