泉区版 掲載号:2011年12月8日号

横浜市会議員ふもと理恵の「あすの泉区を想う」【6】 市政報告

不育症を知ってください

横浜市会議員ふもと理恵
横浜市会議員ふもと理恵

▼「不育症」って?

 みなさん「不育症」ってご存知ですか?一般的には2回連続して流産、もしくは1回でも妊娠22週以降の死産や生後1週間以内の新生児死亡があった場合を不育症と診断し、原因を探ります。また、一人目を正常に分娩しても二人目、三人目が続けて流産や死産になった場合は続発性不育症といいます。まだまだ認知度の低い「病気」です。

▼現状と課題

 神奈川県で不育症で悩む女性の数は約3万人といわれています。病気なので適切な治療を受ければ約80%の方が出産することができるそうです。しかし、認知度が低いために、これまで繰り返しの不幸な体験で心身ともに大きなダメージを背負って自分を責め続け、検査を受けることもない方がおられます。また、不育症の検査や治療には保険が適用されず、出産までには通常の妊娠の2倍以上の費用が必要で、そのため赤ちゃんをあきらめる人もいます。

▼不育症そだってねっと

 これまで「不育症そだってねっと〜不育症に公的支援を求める会〜」のみなさんから学ばせてもらいました。すでに不育症治療に対する助成を行っている自治体もありますが、まずは不育症という病気の周知をしっかり行い、相談窓口の設置や経済的支援に向けて取り組んでいきたいです。

■健康福祉局・病院経営常任委員会 ■横浜まちづくり特別委員会副委員長

【電話】・【FAX】801・8739

【URL】fumotorie.com
 

横浜市会議員  麓 理恵

横浜市泉区中田南4-6-18-301

TEL:045-801-8739

http://fumotorie.com

12/10家族葬の個別相談会

知っておきたい最近の葬儀についてご説明いたします

http://www.sougi-itabashi.co.jp/

<PR>

泉区版の意見広告・議会報告最新6件

いよいよハマ弁がスタート

市会報告

いよいよハマ弁がスタート

1月5日号

休眠預金を国民の皆さんに還元

公明党の主張が大きく反映

横浜市28年度予算 市会報告

公明党の主張が大きく反映

3月31日号

泉区の夢の選択肢を増やす

活動報告【3】

泉区の夢の選択肢を増やす

1月7日号

新たな街づくりの出発の年

泉区制30周年 市会報告

新たな街づくりの出発の年

1月7日号

日本のため、職務に全力

国政報告

日本のため、職務に全力

1月7日号

関連記事(ベータ版)

泉区版の関連リンク

あっとほーむデスク

泉区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

展望ラウンジを開放

横浜薬科大学

展望ラウンジを開放

元旦 初日の出イベント

1月1日~1月1日

泉区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年12月7日号

お問い合わせ

外部リンク