泉区版 掲載号:2017年1月5日号

ゆめきぼ切符

12年目も好調スタート 文化

合格祈願の定番に

PRするゆめが丘駅駅員
PRするゆめが丘駅駅員
 相鉄いずみ野線「ゆめが丘駅」と本線「希望ケ丘駅」を結ぶ区間の硬券乗車券、通称「ゆめきぼ切符」が今年も登場。両駅に設置された絵馬掛けには、12月23日の販売初日から願いを込めた絵馬が並び始めている。

 1999年3月のゆめが丘駅開業により、「ゆめ」と「希望」、縁起の良い言葉が着く駅が2つになった相鉄線。当時の駅員の発案で、翌年から駅名にあやかって、両駅を結ぶ乗車券「ゆめきぼ切符」の販売を開始したという。

 切符購入者には各駅5000セット、計1万セット限定で、オリジナル絵馬と両駅で絵柄が異なる「そうにゃんピンズ」を先着順でプレゼントしている。昨年、一昨年は期間中に1万セットが完売。過去にも箸や扇子、タオルなどをプレゼントしてきたが、ピンズになった3年前から特に購入者が増えたという。

 切符セットは駅だけでなく、インターネットでも購入できる。だが、購入者のほとんどが駅での購入を選ぶという。中には栃木県など、遠方からわざわざ訪れる人もいるほどだ。

 理由の1つは両駅に設置された絵馬掛け。絵馬に志望校合格や夢実現の願いを書き、結び付けて帰る人が多く、受験シーズンには3mほどある絵馬掛けがいっぱいになる。「ほとんどが合格祈願。センター試験や公立高校の受験前に購入される方が多いですね。東北のお孫さんのために購入し、送ったという方もいらっしゃいます」と担当者。絵馬はキャンペーン終了後に、寒川町の寒川神社に奉納され、焚き上げをする。春には、願いが叶った人からの報告も多く寄せられている。

 切符は大人270円で切符を入れられるホルダーなども販売。キャンペーンは3月31日(金)まで。問い合わせは、相鉄お客様センター【電話】045・319・2111。

泉区版のトップニュース最新6件

返礼品に「一日乗車券」も

ふるさと納税

返礼品に「一日乗車券」も

3月23日号

子ども集う湧き水の森に

下和泉

子ども集う湧き水の森に

3月23日号

姉妹都市提携で60周年

横浜サンディエゴ

姉妹都市提携で60周年

3月16日号

開所から半年、満員続く

ともとものおうち

開所から半年、満員続く

3月16日号

口腔ケア推進で連携

横浜市立大と歯科医師会・市

口腔ケア推進で連携

3月9日号

電車接近音を試験導入

相鉄線緑園都市駅

電車接近音を試験導入

3月9日号

関連記事(ベータ版)

泉区版の関連リンク

あっとほーむデスク

泉区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

竹の子を掘って味わおう

竹の子を掘って味わおう

天王森泉公園で催し

4月9日~4月9日

泉区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年3月30日号

お問い合わせ

外部リンク

メール版タウンニュース

ライブカフェミッシェル

タウンニュースホール

ケータイ版タウンニュース

ケータイで左のQRコードを読み取るか以下のURLを入力してください。

http://www.townnews.co.jp/m/