泉区版 掲載号:2017年1月5日号

ゆめきぼ切符

12年目も好調スタート 文化

合格祈願の定番に

PRするゆめが丘駅駅員
PRするゆめが丘駅駅員
 相鉄いずみ野線「ゆめが丘駅」と本線「希望ケ丘駅」を結ぶ区間の硬券乗車券、通称「ゆめきぼ切符」が今年も登場。両駅に設置された絵馬掛けには、12月23日の販売初日から願いを込めた絵馬が並び始めている。

 1999年3月のゆめが丘駅開業により、「ゆめ」と「希望」、縁起の良い言葉が着く駅が2つになった相鉄線。当時の駅員の発案で、翌年から駅名にあやかって、両駅を結ぶ乗車券「ゆめきぼ切符」の販売を開始したという。

 切符購入者には各駅5000セット、計1万セット限定で、オリジナル絵馬と両駅で絵柄が異なる「そうにゃんピンズ」を先着順でプレゼントしている。昨年、一昨年は期間中に1万セットが完売。過去にも箸や扇子、タオルなどをプレゼントしてきたが、ピンズになった3年前から特に購入者が増えたという。

 切符セットは駅だけでなく、インターネットでも購入できる。だが、購入者のほとんどが駅での購入を選ぶという。中には栃木県など、遠方からわざわざ訪れる人もいるほどだ。

 理由の1つは両駅に設置された絵馬掛け。絵馬に志望校合格や夢実現の願いを書き、結び付けて帰る人が多く、受験シーズンには3mほどある絵馬掛けがいっぱいになる。「ほとんどが合格祈願。センター試験や公立高校の受験前に購入される方が多いですね。東北のお孫さんのために購入し、送ったという方もいらっしゃいます」と担当者。絵馬はキャンペーン終了後に、寒川町の寒川神社に奉納され、焚き上げをする。春には、願いが叶った人からの報告も多く寄せられている。

 切符は大人270円で切符を入れられるホルダーなども販売。キャンペーンは3月31日(金)まで。問い合わせは、相鉄お客様センター【電話】045・319・2111。

関連記事powered by weblio


泉区版のトップニュース最新6件

高齢者の消費者被害拡大

1団体8人が受賞

地域安全県民のつどい

1団体8人が受賞

9月21日号

援農ボラが活躍中

今秋限定 再公開へ

緑化フェア旭区会場

今秋限定 再公開へ

9月14日号

芸術劇場整備に意欲

林市長

芸術劇場整備に意欲

9月7日号

引揚救助で全国3位

桂きもの学院/きもの和五十鈴

9月21日・22日・25日・26日、「無料 着付け 体験レッスン」

http://jtti.jp/katura/

<PR>

泉区版の関連リンク

あっとほーむデスク

泉区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年9月21日号

お問い合わせ

外部リンク