泉区版 掲載号:2017年1月19日号
  • googleplus
  • LINE

泉警察署 「110番の利用は適切に」 緑園都市駅前でPR活動

社会

目撃者役の学生(左)と事件を演じる警察関係者ら
目撃者役の学生(左)と事件を演じる警察関係者ら
 1月10日の「110番の日」に合わせ、泉警察署では模擬110番通報の実演と広報活動を緑園都市駅東口で実施した。

 模擬通報では、フェリス女学院大学の富山理沙さん(2年)が目撃者役、鈴木夏海さん(1年)が被害者役として参加。ひったくり事件の実演後、2人は現場の状況や犯人の特徴、逃走経路等を丁寧に報告した。実際に通報があると、直ちに無線で近隣の警察官らに情報が入り、緊急配備が発令。被害者のもとにも警察官が駆けつけるという。

 最後に犯人像を記憶と照合した。すると2人とも間違っていた情報があった。富山さんは「心の準備をしていても靴の色等を覚えきれなかったので、突然だとかなり難しいだろうと思った」と振り返った。

 県警本部の川口智朗警部補によると、昨年の110番通報は県内で約86万件。1日あたり2300件になるが、実際は半数が免許の問い合わせやいたずら等、急を要さないものだったという。則次誠二郎泉警察署長は「問い合わせは警察署へかける等、適切な利用をしてほしいが、事件・事故は迷わず110番を」と呼びかけた。

泉区版のローカルニュース最新6件

12/10家族葬の個別相談会

知っておきたい最近の葬儀についてご説明いたします

http://www.sougi-itabashi.co.jp/

<PR>

泉区版の関連リンク

あっとほーむデスク

泉区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

展望ラウンジを開放

横浜薬科大学

展望ラウンジを開放

元旦 初日の出イベント

1月1日~1月1日

泉区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年12月14日号

お問い合わせ

外部リンク