泉区版 掲載号:2017年3月16日号
  • googleplus
  • LINE

まちかどトピックス定年後に柔道始める69歳の門下生が奮闘中

スポーツ

子どもたちを見守る野口さん(左奥)
子どもたちを見守る野口さん(左奥)
 岡津町の野口眞佐(しんすけ)さん(69)のライフワークは柔道。瀬谷区の柔道場「善道館」で子どもたちとともに汗を流している。「昔からスポーツは全くしてこなかった」という野口さんだが、今は柔道にまっしぐらだ。

 川崎重工業(株)で営業を担当し、定年退職。老後は何をしようかと考えていた時のこと。飲み会の場で知人から「柔道をやってみないか?」と誘われた。この言葉がきかっけで、昨年8月頃から都内のスポーツスクールで柔道を学び始めた。

 時を同じくして「タウンニュース」で善道館がこどもたちのケガ防止のために安全な転び方を指導する「転び方教室」を開いていることを知った。「素晴らしい活動。妻がやっているボランティア活動のように、自分にも何か手伝えることがあるのではと思った」。稽古を重ね11月に初段を取得すると、道場に電話をかけた。伊藤吉治館長は「驚いたというより貴重な人だなと思った。ありがたいよ」と振り返る。

 普段は自身の稽古をしながら、子どもたちのサポートを行う。技をかけられる側になったり、道場の玄関から落ちないよう見張ったり。良い技が出た時は「今の動きいいぞ」と積極的に声をかける。道場での子どもたちとのやりとりも楽しみの一つだ。より良い手助けにつながればと、今後は指導者向けの講習会にも参加する予定。

 目下、自身の目標は二段取得。身体はきついが、目標があるから頑張れる。「見るとやるでは大違い。身体をもっとやわらかくしないとね」。充実感あふれる笑顔が印象的だった。

好評!永代供養塔「博愛の絆」

綾瀬中央霊園の『新しいお墓のカタチ』が人気。問合せは0120-70-2504

http://www.hakuainokizuna.com/

<PR>

泉区版のローカルニュース最新6件

<PR>

泉区版の関連リンク

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

泉区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年11月16日号

お問い合わせ

外部リンク