泉区版 掲載号:2017年6月1日号
  • googleplus
  • LINE

地域協議会 新体制で5期目の船出 区長依頼は2025年問題

社会

(左から)馬場副会長、額田区長、北原会長、松浦副会長
(左から)馬場副会長、額田区長、北原会長、松浦副会長

 区政に地域住民の考えや思いを反映させる枠組み「泉区地域協議会」の定例会が5月25日、区役所で開かれた。会長に北原勉氏、副会長に馬場勝己、松浦紀明の両氏を選出し、新体制で5期目のスタートを切った。

 泉区地域協議会は2009年にスタートし、今年で5期目となる。委員は1期2年で区内12地区から2人ずつが委嘱されている。位置づけは区長の私的諮問機関で、諮問答申、事業評価、地域課題の解決に向けた情報交換が主な役割だ。

 この日の主な議題は役員選出と額田樹子区長からの課題検討依頼。額田区長は2025年には区内の75歳以上の高齢者の人口は約1・6倍(2015年比)、要介護認定者は約1・95倍(同)、認知症高齢者数は約1・64倍(同)になるという推計を示し、支援が必要な人は増え、支援する人は減ると説明。その上で「高齢者が安心して暮らすためには行政と地域でどのような取り組みを行うべきか」というテーマの検討を依頼した。依頼書を受け取った北原会長は「地域を熟知したメンバーが揃っている。住んでよかった、住み続けたいと思える泉区づくりに向けて全員で検討を進めたい」と話した。同会は今後3回の部会を開き検討を行い、9月に区長に意見書を提出する予定。
 

12/10家族葬の個別相談会

知っておきたい最近の葬儀についてご説明いたします

http://www.sougi-itabashi.co.jp/

<PR>

泉区版のトップニュース最新6件

民泊新法受け条例案

横浜市

民泊新法受け条例案

12月7日号

石井さんが厚労大臣表彰

事務負担 軽減化進む

市教職員

事務負担 軽減化進む

11月30日号

泉の中学生が世界で躍動

ヒップホップダンス

泉の中学生が世界で躍動

11月30日号

「地域共生」で対応

超高齢社会

「地域共生」で対応

11月23日号

県民捜査官を初認定

泉警察署

県民捜査官を初認定

11月23日号

泉区版の関連リンク

あっとほーむデスク

泉区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

展望ラウンジを開放

横浜薬科大学

展望ラウンジを開放

元旦 初日の出イベント

1月1日~1月1日

泉区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年12月7日号

お問い合わせ

外部リンク