泉区版 掲載号:2017年6月15日号
  • googleplus
  • LINE

県道場少年剣道小学生団体

直信舘が優勝で全国へ

スポーツ

5人のチーム力際立つ

優勝を喜ぶ団体戦メンバー(提供写真)
優勝を喜ぶ団体戦メンバー(提供写真)
 泉が丘中学校を拠点に活動する直信舘和泉道場(小林孝行舘長)の小学生団体チームが6月4日に鶴見大学で開かれた「神奈川県道場少年剣道大会」で優勝し、7月に日本武道館で開かれる全国大会への出場を決めた。

 小学生団体の部には県内各道場から43チームがエントリー。直信舘和泉道場は先鋒・本山夏鈴さん(小6)、次鋒・谷村紘生君(同)、中堅・久保翔人君(同)、副将・冨田ひかりさん(同)、大将・堅田琴太君の布陣で臨んだ。

 大会は、3回戦まで順調に勝ち進むも、4回戦以降は緊迫した試合展開。4回戦は代表戦までもつれこみ、谷村君が相手の大将から会心の面を決め、準決勝へ。準決勝の相手は練習試合では勝てなかった港南区の斉信館剣友会。ここでは副将の冨田さんが見事な剣さばきで粘る相手を退けた。決勝は、川崎御幸剣友会との対戦。優勝には2本勝ちが必要な場面で、大将の堅田君が個人戦2位の強敵に対し、見事な2本勝ちで優勝をつかんだ。

 同舘によると、この大会に出場するのは12回目。近年は11年前に3位入賞して以来、思うような成績が残せなかったという。しかし、今年は同学年が揃い、3年前から神奈川県、さらには全国制覇と目標を掲げ練習を重ねてきた。

 大会を終え、指導者らは「先鋒の本山はムードメーカー、中堅の久保は相手が強いほど燃える。個々の力は飛びぬけて強くないが、チーム力はどこにも負けない。5本の矢を束ね、全国でも優勝を目指したい」と話した。

 なお、同大会中学生個人の部では同舘の堀越丈司君が準優勝し、10月に仙台で行われる全国大会個人戦への出場を決めた。

関連記事powered by weblio


泉区版のトップニュース最新6件

いじめ防止で新方針

横浜市

いじめ防止で新方針

10月19日号

救助犬世界選手権で入賞

利用率わずか3%

感震ブレーカー設置助成

利用率わずか3%

10月12日号

役員ら広報誌創刊

中川連合町内会

役員ら広報誌創刊

10月12日号

CO2削減 達成困難

3R夢プラン

CO2削減 達成困難

10月5日号

1団体2人が受章

全国地域安全中央大会

1団体2人が受章

10月5日号

10/14家族葬の個別相談会

知っておきたい最近の葬儀についてご説明いたします

http://www.sougi-itabashi.co.jp/

いずみの丘観音墓苑

「無縁墓地」にならない新しいお墓のカタチ。10月20・21・22日は相談会

http://www.izuminooka-kannon.com

泉区のお寺の新しいカタチのお墓

「こんなお墓が欲しかった!」新しいお墓の形。10月20・21・22日相談会

http://www.izuminooka-kannon.com

<PR>

泉区版の関連リンク

あっとほーむデスク

泉区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年10月19日号

お問い合わせ

外部リンク