泉区版 掲載号:2017年9月21日号
  • googleplus
  • LINE

9月4日付で泉警察署長に就任した 北村 正さん 和泉中央北在住 55歳

温かい心でまちを守る

 ○…終始、柔らかく明るいほほ笑みを絶やさない。聞けば、誰にでも優しさを持って接するのが信条。その言葉通り、何事も丁寧に答える様には謙虚さがにじみ出る。就任初日、署員には「訪れる人に思いやりを持ってほしい」と訓示した。会話が弾めば、人と人のつながりも深まる。それが「地域の安全や暮らしの安心を守る第一歩」だと信じている。

 ○…川崎市幸区出身。中学生の頃に警察官に憧れ、高校卒業後に警察学校へ入学。1982年、瀬谷警察署で警察官人生が始まった。これまで機動隊や住民相談など多くの部署を経験してきた。前任は県警警務課の被害者支援室長。昨年7月、相模原市の障がい者施設「津久井やまゆり園」で発生した殺傷事件では、100人体制の被害者支援本部を設置。現場の責任者として約3カ月に渡り被害者のケアにあたった。そこで改めて気づいたのは「人の心に寄り添うことも警察官の大切な仕事」だということだ。

 ○…泉区での勤務は初めて。「わざわざ挨拶に来てくださる人も多く、自分たちでまちを守ろうという、区民の防犯意識が高い」と頷く。一方で泉区は市内でも振り込め詐欺などの被害件数がワースト5に入る現状がある。今後「住民と一体となってまちを守る。今以上に署員が区民の暮らしに寄り添っていけるようにすることが目標」と顔を引き締める。

 ○…初めての一人暮らしだが、今は家事全般を楽しむ余裕もある。得意料理は明太子パスタ。レモン汁や薬味を加えた本格的な味に、30年連れ添う妻も太鼓判を押した。休日はもっぱら時代小説を読みふける。お気に入りは3周目に突入した全51巻の佐伯泰英著『居眠り磐音江戸双紙』シリーズ。神社や仏閣めぐりも趣味で、休日には区内を歩いて家の近所を散策しているという。「泉区の生活が楽しみです」と朗らかに笑った。

泉区版の人物風土記最新6件

飯野 紀子さん

「満福いずみ食堂」の代表として地域の人に温かい食事を提供する

飯野 紀子さん

12月14日号

井野 宏哉さん

切り絵サークルの講師を務め、区内の風景を切り絵に残して歩く

井野 宏哉さん

12月7日号

梅田 嘉明(よしはる)さん

一般社団法人 横浜市民間病院協会の会長として、民間病院の連携に取り組む

梅田 嘉明(よしはる)さん

11月30日号

齋藤 茂さん

木工品など約140点を手作りする木工大工職人

齋藤 茂さん

11月16日号

岩崎 勝太郎さん

上飯田地区のグラウンドゴルフクラブ代表を務める

岩崎 勝太郎さん

11月9日号

志水 花帆さん

片付けのアドバイスのプロとして活躍する

志水 花帆さん

10月26日号

12/10家族葬の個別相談会

知っておきたい最近の葬儀についてご説明いたします

http://www.sougi-itabashi.co.jp/

<PR>

泉区版の関連リンク

あっとほーむデスク

泉区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

展望ラウンジを開放

横浜薬科大学

展望ラウンジを開放

元旦 初日の出イベント

1月1日~1月1日

泉区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年12月14日号

お問い合わせ

外部リンク