泉区版 掲載号:2017年10月5日号
  • googleplus
  • LINE

案山子コンテストで3連覇した陣屋自治会の会長を務める 鈴木 重義さん 和泉が丘在住 77歳

案山子に思い重ねて

 ○…黄金色の田んぼを背にずらりと並ぶ案山子(かかし)。すっかりお馴染みになった秋の景色といえば、天王森泉公園が主催する「案山子コンテスト」。第6回目となる今年、総勢19体の応募の中から、陣屋自治会が制作した案山子が最優秀賞を獲得した。陣屋自治会は一昨年、昨年に続き3連覇を成し遂げた。一般投票で最多の140票を獲得し、大差をつけて掴んだ1位。制作は自治会長をはじめ、役員ら15人。毎年役員が入れ替わるため、このメンバーでの案山子作りは初めて。「試行錯誤しながら作ったので、喜びもひとしお」と顔をほころばせた。

 ○…今年8月、毎年頭を悩ませるテーマ決めからスタートした案山子制作。今年の世相を表したものは何か、役員が集まり意見を出し合った。そんな時ふと、テレビ中継していた甲子園が目に留まった。「清宮幸太郎選手を案山子にしよう」。仲間の意見をもとに案山子作りを開始。以前自身が使っていた野球のユニホームを提供した。女性らが中心となり、新たにフェルト生地で高校名と名前を縫い付けた。顔は発砲スチロールを削り作り上げた。

 ○…「細かい裁縫はすべて女性の役員がやってくれた。男性陣は見ているだけでした」と照れ笑い。メンバー15人の仲の良さを「地域の祭りや会議、イベントなどで結束力が高まった。いざ案山子作りを始めて、よりチームワークが強くなった」と話す。任期一年の短いチーム。それでも思い出になるものにしたいと連覇を誓い合った。

 ○…山形県出身。戸塚区の自動車部品メーカーに就職するため上京。定年まで勤め、現在は妻との2人暮らし。ボウリングや畑仕事が趣味。ボウリングは実業団に所属していたほどの実力の持ち主。高スコアを出し、優勝経験も多数持つ。会社員時代のOB会の幹事も任され、年に数回のイベントを企画する。「案山子をきっかけに地域で交流が生まれるといいですね」。

泉区版の人物風土記最新6件

飯野 紀子さん

「満福いずみ食堂」の代表として地域の人に温かい食事を提供する

飯野 紀子さん

12月14日号

井野 宏哉さん

切り絵サークルの講師を務め、区内の風景を切り絵に残して歩く

井野 宏哉さん

12月7日号

梅田 嘉明(よしはる)さん

一般社団法人 横浜市民間病院協会の会長として、民間病院の連携に取り組む

梅田 嘉明(よしはる)さん

11月30日号

齋藤 茂さん

木工品など約140点を手作りする木工大工職人

齋藤 茂さん

11月16日号

岩崎 勝太郎さん

上飯田地区のグラウンドゴルフクラブ代表を務める

岩崎 勝太郎さん

11月9日号

志水 花帆さん

片付けのアドバイスのプロとして活躍する

志水 花帆さん

10月26日号

12/10家族葬の個別相談会

知っておきたい最近の葬儀についてご説明いたします

http://www.sougi-itabashi.co.jp/

<PR>

泉区版の関連リンク

あっとほーむデスク

泉区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

展望ラウンジを開放

横浜薬科大学

展望ラウンジを開放

元旦 初日の出イベント

1月1日~1月1日

泉区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年12月14日号

お問い合わせ

外部リンク