戸塚区版 掲載号:2012年5月31日号

3カ月ぶりに開催 社会

区民市に東北名産品集まる

東北の品を選ぶ来場者
東北の品を選ぶ来場者

 戸塚宿ほのぼの商和会の店や有機野菜を直売する小雀町の農家などが出店する、第33回戸塚区民市が5月19日、区役所駐車場で行われた。毎月1回開催されていたが、雨天や駐車場が予防接種会場のため使用できないなどで中止が相次ぎ、3カ月ぶりの開催となった。

 11店舗の模擬店が並び、休憩用の机では来場者がキーボードの生演奏と歌を聞きながら談笑。来場者が飛び入り参加で生演奏をバックに歌う場面も見られた。

 初出店した「青森産直の会」は、現地で直接仕入れた東北6県の名産品を販売。宮城県塩釜市で震災被害にあったが、工場が再建し製造が再開された笹かまぼこや同県の小麦を使った蒸しパンなどをPRした。同会の上野佳子さん(69)は「あったかい気持ちをもって被災地を応援したい」と話した。

 次回は6月16日(土)、同駐車場で開催される予定。
 

戸塚区版のローカルニュース最新6件

関連記事(ベータ版)

戸塚区版の関連リンク

あっとほーむデスク

戸塚区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

市民100人が歌声披露

ゴスペルコンサート

市民100人が歌声披露

11月25日 戸塚公会堂

11月25日

戸塚区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年11月23日号

お問い合わせ

外部リンク