戸塚区版 掲載号:2014年11月20日号

ミュージシャンとして活動し、映画『日々ロック』に楽曲を提供した

細身のシャイボーイさん(本名 佐藤 貴義さん)

平戸在住 25歳

「あの娘」を振り向かせたい

 ○…11月22日公開の映画『日々ロック』で主人公のバンドの劇中楽曲『脳みそ』を提供した。2012年5月に同作のイベントがあり、オーディションに応募。「就職前の思い出づくり」のつもりが、音楽を本格的に始める大きな転機となった。

 ○…船乗り姿がトレードマーク。大学・大学院で船舶について学び、当時の教官の紹介で、銀座のバーで流しとして歌い始めた。その後、造船技師として就職先も内定。言葉通り順風満帆な門出を迎えるはずが、日々ロックのイベントで「やめどころがわからなくなった」。卒業までわずかな時間しかなかったが、内定を辞退。家族に報告したのはすべてを決めたあとだった。猛反対されたが「2年だけ時間をくれ」と頼み込んだ。

 ○…「細身のシャイボーイ」という名前の由来は平戸中学校時代の自身にある。今でこそ人前で歌い、身長も180cm近くなったが、当時は「小さくて細くて恥ずかしがり屋」だった。そんな少年が初恋の「あの娘」をなんとか振り向かせたいと考えたのが、ラジオのパーソナリティーのようになることだった。毎日何時間もラジオを聴き続けるうちに、ラジオから流れる音楽にも興味を持つようになり、ギターを始めた。それ以来、恋をしたことはなく、恋の歌のモデルは今も「あの娘」。「でも、もう10年も経ってしまった。見た目も変わりすぎて(当時の友人は)街ですれ違っても誰も気付かないかも」

 ○…家族との約束の期日まで、あと数カ月。「今はまとめの時期。最終調整をして、今後続けていくために家族にプレゼンしないと」。バイトをしながら、日中は自宅やカラオケで曲作り。録音もPV撮影もすべて自身で行う。音楽活動は、あくまでラジオのパーソナリティーになるための糧の一つ。「失敗することも今後に生きるはず」とプロレスのリングアナウンサーなど、さまざまな経験を積む。いつか活躍し、「あの娘」と再会する日を夢見て。

2018年3月オープン

東戸塚に介護付ホーム、介護付有料老人ホーム新設。資料請求、ご入居相談受付中。

http://sweetpea.co.jp/news/office/nursinghome-higashitotsuka

ガソリンスタンドで腰痛改善!

「車と体、両方のメンテナンスは当店へ」

http://www.freerom.jp/

<PR>

戸塚区版の人物風土記最新6件

森 大樹(だいじゅ)さん

第66代(一社)横浜青年会議所理事長に就任した

森 大樹(だいじゅ)さん

1月19日号

木村 行枝さん

「キララの教室」コンサート企画委員長を務めた

木村 行枝さん

1月12日号

三村 亜生(あおい)さん

女子15人制ラグビー日本代表として12月のワールドカップ地区予選に出場した

三村 亜生(あおい)さん

1月5日号

黒田 茂淳さん

東汲沢小学校コミュニティハウスの館長として自主事業を行う

黒田 茂淳さん

1月1日号

浜岡 久二夫さん

戸塚区を中心に福祉施設への慰問活動を行っている歌手の

浜岡 久二夫さん

12月15日号

齋藤 節治さん

創立60周年を迎えた戸塚区剣道連盟会長の

齋藤 節治さん

12月8日号

平成横浜病院

予防医学の知見を取り入れた健診センターが2018年6月にオープン(予定)

http://yokohamahp.jp/

<PR>

関連記事(ベータ版)

戸塚区版の関連リンク

あっとほーむデスク

戸塚区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

横浜薬科大21階を開放

横浜薬科大21階を開放

元旦 初日の出イベント

1月1日~1月1日

戸塚区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年12月14日号

お問い合わせ

外部リンク