戸塚区版 掲載号:2017年3月9日号

横浜市会報告

東戸塚駅周辺の街づくりにチャンスを創る!

横浜市会議員 鈴木太郎

 2月24日の横浜市会本会議で自民党を代表して予算関連質疑を行いました。この中で、私が選挙公報に示した「東戸塚駅周辺のコンパクトシティ化と駅機能の向上をはかります」という公約に基づいて東戸塚駅周辺の街づくりについて取り上げました。

 横浜市とJR東日本は平成25年度からそれぞれ予算計上して混雑緩和に向けた調査と対応策の検討を行ってきました。この間、JR東日本の方で、エスカレーターの高速化やホーム上のスペース確保のための駅務室の縮小などの対応を図ってきました。平成29年度予算案には関連予算が計上されていません。そこで、今回の議会質疑で今後の方向性を林市長に問いただしたところ、JR東日本は駅舎改良などを伴う抜本的な対策については、駅周辺のまちづくりの方向性を見極めた上で判断したいとの意向を示しており、横浜市としては、地域の皆様で進められている駅周辺のまちづくりの進捗状況に合わせて、対応策の検討を行っていくという方針が確認されました。

 現在、横浜市では地下鉄グリーンラインの中山駅から二俣川、東戸塚まで延伸した際の事業性検討が行われていること、また、将来の街づくりの方向性を示す都市計画マスタープラン戸塚区プランの改定が平成29年度に予定されていることなどから、この戸塚区プランに東戸塚駅周辺をどのように位置付けていくかが焦点です。この点についても質問したところ、現在意見募集中の素案では、東戸塚駅周辺を、主要な生活拠点として位置づけ、コンパクトな市街地を基本とすることや、駅舎改良等の混雑緩和対策の検討について新たに記載したとのことです。

 今回の林市長との議論も踏まえて、私自身も、将来を見据えて東戸塚駅周辺にコンパクトシティを形成していくという大きな枠組みを進めることで、駅の問題を含めて東戸塚にチャンスを創ってまいります。

鈴木太郎政策研究所

横浜市戸塚区戸塚町4158 山一№2ビル203

TEL:045-860-2564
FAX:045-865-0337

http://www.suzukitaro.com/

戸塚区版の意見広告・議会報告最新6件

殺処分ゼロ継続は評価するものの、財政難に保護センター建設費増額?

区内在住の被害者の方が国の救済措置適用に!

 犯罪被害者支援の充実に向け条例化を推進! 市政報告

区内在住の被害者の方が国の救済措置適用に!

5月18日号

中外製薬の戸塚進出に期待!

横浜市会報告

中外製薬の戸塚進出に期待!

5月11日号

折り返し地点

元ワーキングママがゆく【13】 市政レポート

折り返し地点

5月4日号

高校も指定避難所にして県民を守れ

スポーツできる「場」の確保を

市政報告vol.17

スポーツできる「場」の確保を

4月20日号

関連記事(ベータ版)

戸塚区版の関連リンク

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

戸塚区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年5月25日号

お問い合わせ

外部リンク

メール版タウンニュース

ライブカフェミッシェル

タウンニュースホール

ケータイ版タウンニュース

ケータイで左のQRコードを読み取るか以下のURLを入力してください。

http://www.townnews.co.jp/m/