戸塚区版 掲載号:2017年3月9日号
  • googleplus
  • LINE

女子硬式野球の国際大会で優勝した「ヴィーナススターズ」のメンバー

八重尾 華雅(はなの)さん

名瀬中学校2年生 14歳

「好き」を胸に夢を追う

 ○…「優勝できると思っていなかったので、飛びあがるほど嬉しかった」。2月に香港で開かれた女子硬式野球の国際大会「フェニックスカップ」。18歳以上の選手で構成される中国やオーストラリアなど6カ国10チームが出場するなか、中学生だけのチーム「ヴィーナススターズ」が、周囲を驚かせる快挙を成し遂げた。「初出場でした。チームワークの良さが好結果を残せた要因です」と朗らかな表情で語る。   

 ○…チームでは3番・センターを務める中心選手。大会中の打率は5割を超え、守備面でも縦横に粘り強くボールを追いかけ、優勝に貢献した。普段は中学生女子硬式野球チーム「オール京急」に所属している。国際大会の選抜メンバーにはそこでの活躍が認められ選出された。昨年末に背中の肉離れを起こし、十分な練習ができず苦しむ場面もあった。それだけに喜びもひとしおだ。「決勝戦のオーストラリア戦を含め、すべて圧勝でした。本調子で本番を迎えられて良かった」と声を弾ませる。 

 ○…野球に初めて触れたのは幼稚園年長のとき。3つ上の兄の影響だった。「楽しそうなのでやってみたら、どんどん好きになっていった」。誰もが一目置く優れた資質を持つが、普段は級友と遊んだり、会話を楽しんだりする普通の中学生。「今の楽しみは眠ること。いくらでも寝れちゃう」とちゃめっ気たっぷりに笑う。厳しい練習での疲労やプレシャーを癒してくれるのが両親。特に母親は常に後押ししてくれる存在という。「お母さんと一緒にやってきたという思いがあります」

 ○…将来の夢は、女子野球日本代表「マドンナジャパン」に選出されること。そのための高校、大学進学が当面の目標だ。その先は指導者となり、後進の育成に関わりたいと早くも願う。「私を理解し、応援してくれるコーチに感謝している。そんな温かい指導者になりたい」。視線は真っ直ぐに未来を見つめている。

関連記事powered by weblio


10/25家族葬の個別相談会

知っておきたい最近の葬儀についてご説明いたします

http://www.sougi-itabashi.co.jp/

出張ご相談会

戸塚郵便局2階特設コーナー

http://www.totsuka-hanakannon.com/

<PR>

戸塚区版の人物風土記最新6件

田中 治喜さん

横浜市戸塚倫理法人会の新会長に就任した

田中 治喜さん

10月12日号

齋藤 健児さん

戸塚で親子参加イベントを企画したNPO法人「りそーるとつか」の理事長を務める

齋藤 健児さん

10月5日号

鈴木 聡さん

写真展「発見!戸塚今昔物語」を企画した

鈴木 聡さん

9月21日号

藤倉 隆彦さん

8月6日から3週間、スリランカへ訪問し、野球道具を現地チームへ寄付した

藤倉 隆彦さん

9月7日号

水野 恭一さん

(一社)横浜市医師会の新会長に就いた

水野 恭一さん

8月31日号

飯田 清子さん

8月23日に子ども防災体験塾を開催したとつか災害ネットの代表を務める

飯田 清子さん

8月24日号

平成横浜病院ホスピタルニュース

10月28日(土) 「認知症ってどんな病気?」‐診断から予防まで‐

http://www.yokohamahp.jp/

戸塚スポーツセンター

10月15日㈰スポーツ・レクリエーションフェスティバル2017開催、参加無料

http://www.yspc.or.jp/totsuka_sc_ysa/

<PR>

戸塚区版の関連リンク

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

戸塚区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年10月12日号

お問い合わせ

外部リンク