戸塚区版 掲載号:2017年3月16日号

「全国都市緑化よこはまフェア」のシンボルキャラ「ガーデンベア」をデザインした

伊藤 有壱さん

市内在住 54歳

緑化の想い”ベア”に託す

 ○…フワフワした芝生のような緑のからだに、色とりどりの花で出来たアフロヘア。そしてつぶらな瞳と優しい笑顔。市役所や街なか、広報よこはまなど各所に出没中の「緑化フェア」シンボルキャラクター・ガーデンベア。そのデザインを担当した。「訪れた方が一目でフェアの目的・意味を分かってくれるような考えで生まれたキャラクター。願わくは横浜の”住民”になってくれると嬉しいですね」と話す。25日の開幕に向け「『ガーデン』をキーワードに、横浜に住む人の心に、自然との関係や豊かさへの意識が生まれれば、きっと住みよい街になるのでは」と期待を寄せる。

 ○…関内に会社を置くアニメーション工房の代表兼クリエイター。5歳の時、東京から泉区へ転居。幼少から絵を描くのが好きだった。横浜平沼高校に通っていた頃、グラフィックデザインに憧れ東京藝大に進学。卒業後は特殊撮影やCG制作の会社を経て独立し、TV番組やCMなど数多くの作品を手掛けいる。

 ○…中でも22年間続いているのが、NHKEテレの『ニャッキ!』。ミントグリーンの小さなイモ虫、ニャッキが主人公のクレイアニメだ。「5分の撮影に3カ月かかる」という粘土アニメに取り組んだきっかけは、1990年に広島で開かれた映画祭で観たクレイアニメ。「人間の面白いという感覚を刺激するのに技術の新旧は関係ない」と、物をコマ撮りで動かす「ストップモーション」の世界にのめり込んだ。

 ○…11年前、都内から横浜に拠点を移した。理由は「港町だから」。「人の欲望や本能が、港という場をつくる。そういう不安定なエネルギーが好きなもので」。過去には港町の赤レンガを主人公にした『ハーバーテイル』など、横浜の風情をモチーフにしたアニメーションも制作している。「ハードルの高い視聴者第一号」は7歳の娘。「あっさり見放されるときは、割と傷付きますね」と笑みを浮かべた。

戸塚区版の人物風土記最新6件

森山 れい子さん

6月に上倉田地域ケアプラザと東戸塚地区センターで「おもちゃの広場」を開催する

森山 れい子さん

5月25日号

平野 初歩(はつほ)さん

明治学院大学戸塚まつり準備会代表の

平野 初歩(はつほ)さん

5月18日号

島尻 健兒さん

柏尾川魅力づくりフォーラムの会長を務める

島尻 健兒さん

5月11日号

吉田 智誉樹(ちよき)さん

「オペラ座の怪人」などを公演する四季株式会社(劇団四季)の社長を務める

吉田 智誉樹(ちよき)さん

5月4日号

有賀 美由紀さん

4月から横浜市戸塚スポーツセンター所長を務める

有賀 美由紀さん

4月27日号

高梨 明日香さん

横浜スカーフ親善大使の6代目メンバーに選ばれた

高梨 明日香さん

4月20日号

関連記事(ベータ版)

戸塚区版の関連リンク

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

戸塚区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年5月25日号

お問い合わせ

外部リンク

メール版タウンニュース

ライブカフェミッシェル

タウンニュースホール

ケータイ版タウンニュース

ケータイで左のQRコードを読み取るか以下のURLを入力してください。

http://www.townnews.co.jp/m/