戸塚区版 掲載号:2017年3月16日号

県政報告㉜

病院・福祉施設等の耐震化を急げ

神奈川県議会議員 北井宏昭

 東北の震災から丸6年。そこで、年度末議会の予算委員会で病院・福祉施設等の耐震化補助事業についての質疑をしました。

 大地震が危惧される本県も、多くの県民が利用する大規模建築物の耐震化促進は、喫緊の重要課題。

 県は、耐震診断が義務付けられた大規模建築物の内、病院や福祉施設などに用途を絞り込み、平成26年度に補助制度を創設。耐震化を促進するとしています。

 ちなみに県内の公共施設で、地震災害時に避難所や災害対策本部などで機能する建物に関して、耐震化は95・4%。全国平均の90・9%を上回っています。

民間は耐震化に遅れ

 一方、民間建築物で「大規模建築物耐震化支援事業費」の補助対象は、【1】病院・福祉施設等の避難弱者が利用する建築物=30棟、【2】避難生活者を受け入れるホテル・旅館等=18棟。その内、【1】26棟と、【2】8棟の合わせて34棟が、いまだに耐震改修に着手されていません。あれから6年を経ても、対象の約7割が未着手です。

 民間建築物については、県行政に第一義的な責任は無いとしても、これらの建物は、災害時の避難弱者や避難生活者を受け入れる施設です。早急に耐震化を促し、安全・安心を確保することは、県の役目です。

民間避難施設の確保

 しかし、年々この事業の予算は減額され続け、次年度は1千6百万円程度。この予算計上で、どれだけの本気度なのか疑問である、と訴えました。

 耐震診断の結果、補強が必要となっても、民間施設では、建物所有者に多額の費用負担が発生。補助制度があっても、なかなか実行されないのが現実。県として今後、避難施設になりうる民間大規模建築物の耐震化について、より効果的な事業推進を求めました。

北井宏昭

横浜市戸塚区戸塚町3870-1

TEL:045-871-5454
FAX:045-871-5459

http://www.kitai-hiroaki.jp

食事付き現地見学会 随時開催

医療法人横浜柏堤会による万全のバックアップ等が特徴 サ高住「結の杜下倉田」

http://tk-sv.com/

<PR>

戸塚区版の意見広告・議会報告最新6件

高校も指定避難所にして県民を守れ

スポーツできる「場」の確保を

市政報告vol.17

スポーツできる「場」の確保を

4月20日号

母子保健コーディネーター(仮称)を市内3区にモデル配置し、妊産婦を支援

29年度予算に公明党の子育て支援が反映! 市政報告

母子保健コーディネーター(仮称)を市内3区にモデル配置し、妊産婦を支援

4月13日号

新たな性的被害支援センター開設へ

政策提言が実現! 県政報告

新たな性的被害支援センター開設へ

4月6日号

県職員給与増額なら所得格差対策も強化を

「未来創生」活力あふれる街づくり

関連記事(ベータ版)

戸塚区版の関連リンク

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

戸塚区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年4月27日号

お問い合わせ

外部リンク

メール版タウンニュース

ライブカフェミッシェル

タウンニュースホール

ケータイ版タウンニュース

ケータイで左のQRコードを読み取るか以下のURLを入力してください。

http://www.townnews.co.jp/m/