戸塚区版 掲載号:2017年4月13日号

29年度予算に公明党の子育て支援が反映! 市政報告

母子保健コーディネーター(仮称)を市内3区にモデル配置し、妊産婦を支援

横浜市会議員 中島みつのり

 「子育て世代包括支援センター」による妊娠期から子育て期までの支援が充実してきました。

 日々子育てに奮闘している保護者の皆さんの中には、核家族化や地域とのつながりが薄いことで、悩みを相談する相手に恵まれず、児童虐待など深刻な事態を引き起こすケースもあります。 

 公明党が強力に推進する安心して子育てできる環境整備のため、区福祉保健センターと地域子育て支援拠点が連携・協働し、「子育て世代包括支援センター」として、妊娠期から子育て期までの支援を充実させます。

 保健師等の専門性を持つ母子保健コーディネーター(仮称)を市内3区にモデル配置し、母子健康手帳交付時に全妊婦と面接を行い、出産・子育て準備プラン(仮称)を策定し、個別の事情に沿って医療機関などと調整し悩みに対する相談支援を切れ目なく行っていきます。モデル配置区では産後のうつの早期発見・支援にむけた取り組みも推進します。モデル実施の検証を踏まえ、今後、戸塚区を含め全区に母子保健コーディネーターの配置を進めていきます。

横浜市会議員 中島光徳

神奈川県横浜市戸塚区原宿4丁目13-12

TEL:045-410-6307
FAX:045-410-6308

http://nakajima-mitsunori.com/

戸塚区版の意見広告・議会報告最新6件

区内在住の被害者の方が国の救済措置適用に!

 犯罪被害者支援の充実に向け条例化を推進! 市政報告

区内在住の被害者の方が国の救済措置適用に!

5月18日号

中外製薬の戸塚進出に期待!

横浜市会報告

中外製薬の戸塚進出に期待!

5月11日号

折り返し地点

元ワーキングママがゆく【13】 市政レポート

折り返し地点

5月4日号

高校も指定避難所にして県民を守れ

スポーツできる「場」の確保を

市政報告vol.17

スポーツできる「場」の確保を

4月20日号

新たな性的被害支援センター開設へ

政策提言が実現! 県政報告

新たな性的被害支援センター開設へ

4月6日号

関連記事(ベータ版)

戸塚区版の関連リンク

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

戸塚区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年5月18日号

お問い合わせ

外部リンク

メール版タウンニュース

ライブカフェミッシェル

タウンニュースホール

ケータイ版タウンニュース

ケータイで左のQRコードを読み取るか以下のURLを入力してください。

http://www.townnews.co.jp/m/