戸塚区版 掲載号:2017年4月20日号

市政報告vol.17

スポーツできる「場」の確保を

横浜市会議員 やまうら英太

 私は昨年度、「健康づくり・スポーツ推進特別委員会」に所属し、横浜市のスポーツ行政の取り組みを調査・研究してきました。

 その中で見えてきた課題は、市は健康促進、教育などの観点からスポーツ振興に積極的に取り組む方針を持つものの、戸塚区を含む市全体として「場所」の確保が難しい現状です。

 例えば全区にある、室内競技などに適しているスポーツセンターも予約が取りづらい。スペースを必要とする、野球やサッカーなどは、チームに所属していれば学校などを使用できますが、そうでなければ確保するのに労力を要します。

企業・大学に協力要請を

 新たなスポーツ施設が欲しいところです。しかし厳しい財政難の現況から新施設はなかなか望めません。そこで企業、大学などが所持する施設を市民に開放してもらえるような仕組み作りが必要です。市は企業・大学から協力を得るため、両者にメリットを与えると同時に、施設の管理運営を適切にサポートをする施策を今後取っていく必要があると、私は考えます。

 さらにスポーツ施設の運営管理が、所管局(教育委員会、環境創造局、市民局)によって異なるため「縦割り」行政の弊害が起こっているのも市民ニーズに応える点で改善すべきです。

 横浜市は、19年のラグビーワールドカップ、翌20年の東京五輪と大きなイベントが目白押しです。この流れで市民が気軽にスポーツを楽しめるよう、施設をハード・ソフト両面で再整備することが求められています。私は今後も行政に積極的に改善を働きかけ続けていきます。

山浦英太

横浜市戸塚区吉田町978-7

TEL:045-864-3112
FAX:045-864-3112

http://www.yeita.net/

戸塚区版の意見広告・議会報告最新6件

殺処分ゼロ継続は評価するものの、財政難に保護センター建設費増額?

区内在住の被害者の方が国の救済措置適用に!

 犯罪被害者支援の充実に向け条例化を推進! 市政報告

区内在住の被害者の方が国の救済措置適用に!

5月18日号

中外製薬の戸塚進出に期待!

横浜市会報告

中外製薬の戸塚進出に期待!

5月11日号

折り返し地点

元ワーキングママがゆく【13】 市政レポート

折り返し地点

5月4日号

高校も指定避難所にして県民を守れ

母子保健コーディネーター(仮称)を市内3区にモデル配置し、妊産婦を支援

29年度予算に公明党の子育て支援が反映! 市政報告

母子保健コーディネーター(仮称)を市内3区にモデル配置し、妊産婦を支援

4月13日号

関連記事(ベータ版)

戸塚区版の関連リンク

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

戸塚区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年5月25日号

お問い合わせ

外部リンク

メール版タウンニュース

ライブカフェミッシェル

タウンニュースホール

ケータイ版タウンニュース

ケータイで左のQRコードを読み取るか以下のURLを入力してください。

http://www.townnews.co.jp/m/