戸塚区版 掲載号:2017年4月20日号
  • googleplus
  • LINE

県政報告㉟高校も指定避難所にして県民を守れ神奈川県議会議員 北井宏昭

 先月の文教常任委員会では「県立高校も指定避難所にせよ」と訴えました。

 熊本地震から丸一年が経過。発災当時、私は阿蘇市を中心に現場へ乗り込みました。そこで最も印象に残ったのが「農業用ビニールハウス」が緊急避難所になっていたこと。指定避難所は、すべての被災者を収容しきれずに、多くの人々がビニールハウスや自家用車で寝起きしていたことです。

 本県も、大規模災害時に指定避難所はパンクします。それは避難所の収容人数からも容易に察せられます。しかし現在、政令市内の県立高校の大半は避難所に指定されていないのです。

高校生の防災教育は進化

 現在、県立高校では防災教育の一環として「DIG訓練(災害図上訓練)」を行っています。他所から高校に通って来る生徒たちが、地元の方々だけでは想像のつかない発想も含めた視点で、リスク管理を行うのです。生徒には「自立心=地域の担い手意識」も生まれます。私も取材しましたが、とても効果的で有意義な教育であると考えます。

地域と高校との相乗効果

 県立高校はH31年度中に全校の「コミュニティ・スクール化」を目指しています。多くの小中学校同様に「学校運営協議会制度」を高校にも導入。協議会で地域の皆様に協力を仰ぎ、地域との連携による開かれた学校づくりが目的です。

 この地域連携と高校、そして高校生のDIG訓練を合わせると、とても大きな相乗効果が期待出来ます。

 今後も現地現場主義を継続し、県民を守るための提言を続けて参ります。

ビニールハウスの様子
ビニールハウスの様子

北井宏昭

横浜市戸塚区戸塚町3870-1

TEL:045-871-5454
FAX:045-871-5459

http://www.kitai-hiroaki.jp

戸塚区版の意見広告・議会報告最新6件

よこはま自民党マニフェスト中間検証を実施、結果は80点

連携による商店街づくり

元ワーキングママがゆく【16】 市政レポート

連携による商店街づくり

11月2日号

超高齢社会対策、財政的な目標設定を

学校現場に「法律的な視点」を

県政報告㊶

学校現場に「法律的な視点」を

10月19日号

LED防犯灯の普及に全力!

皆様の声をカタチに!  市政報告

LED防犯灯の普及に全力!

10月12日号

ベンチ・腰掛けで、皆に優しい街づくりを

戸塚区版の関連リンク

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

戸塚区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

10万個のイルミ輝く

10万個のイルミ輝く

東戸塚駅周辺で点灯

11月4日~1月31日

戸塚区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年11月16日号

お問い合わせ

外部リンク