戸塚区版 掲載号:2017年5月18日号

深谷町 小林さん

和綴じの魅力伝える 文化

大正地区センターで講座

 自らの作品を紹介する小林さん
 自らの作品を紹介する小林さん
 日本の伝統文化のひとつ、和紙や和服の生地を表紙にして製本する「和綴じ」に12年間取り組んでいるのが、深谷町在住の小林健治さん(71)。大正地区センターで講師を務めるなど、活動を続けている。

 小林さんが和綴じを始めたのは、趣味の寺院巡りでいつも手にする朱印帳の表紙を独自で作ってみたいという思いから。元々物作りが好きだったことも後押しした。作品づくりを行っている中で、同地区センター祭りの展示会に出品したところ、その珍しさが館長の目に留まり、和綴じの講座を開くことになった。

 今回で5度目の開催となる同講座は、各自が好みの和紙や着なくなった和服の一部で和綴じのノートを作るというもの。美しく柔らかい肌触りの和紙や、柄が小さく配置されている着物などを和綴じにする。小林さんは「私の所持品はほぼ和綴じで製本したもの。自分の作品を整理したり、好きなものをひとつにまとめて持ち歩いたりできるのが魅力です」と話す。

 同講座は6月2日、9日、16日(いずれも金曜日)の午前9時15分〜正午まで、大正地区センターで開催される。初心者は基本の縫い方の練習やそれを応用したメモ帳作り、上級者は小箱作りや文庫本の装丁などを行う。費用は2400円(3回分)。定員12人。当日はカッター、はさみ、定規、布、あれば千枚通しとカッターマットを持参。申し込みは同センター【電話】045・852・4111。

関連記事powered by weblio


戸塚区版のローカルニュース最新6件

振り込め詐欺防止に一手

遊技場組合戸塚支部

振り込め詐欺防止に一手

6月22日号

12団体9人が受賞

戸塚区環境行動賞

12団体9人が受賞

6月22日号

創立30周年を祝う

戸塚区ボウリング協会

創立30周年を祝う

6月22日号

100周年をタンゴで祝う

開港記念会館

100周年をタンゴで祝う

6月22日号

介護者同士の懇談会

バレーボールしよう

関連記事(ベータ版)

戸塚区版の関連リンク

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

戸塚区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年6月22日号

お問い合わせ

外部リンク

メール版タウンニュース

ライブカフェミッシェル

タウンニュースホール

ケータイ版タウンニュース

ケータイで左のQRコードを読み取るか以下のURLを入力してください。

http://www.townnews.co.jp/m/