戸塚区版 掲載号:2017年9月21日号
  • googleplus
  • LINE

ゲートボール戸塚チーム 平均77歳、全国の舞台へ 約20年ぶりの出場

スポーツ

出場メンバーと田雑区長(下段右から2番目)
出場メンバーと田雑区長(下段右から2番目)
 戸塚区のゲートボールチーム「横浜戸塚」が、5月に行われた神奈川県予選で優勝し、9月23日・24日に北海道芽室町で行われる「第33回全日本ゲートボール選手権大会」への出場を決めた。同大会へ戸塚区から出場するのは、約20年ぶりの快挙。「平均年齢77歳」のメンバーが、勝利を目指して戦う。

 「横浜戸塚」は、区内での大会運営などを行う戸塚区ゲートボール連合(鈴木嘉視(よしみ)会長)に所属している各チームから選抜され、結成した。

 メンバーは主将の荒川健一さん、伊藤正利さん、吉沼節子さん、中島ミナ子さん、栗原保雄さん、若井秀夫さん。20年のベテランから、まだ数年という選手まで層が厚く、皆「ちょっとでも時間があれば打ちたい」という”ゲートボール愛”に溢れているチームだ。

 海老名市で行われた県予選では予選リーグと決勝トーナメントあわせて7試合を戦った。

 特にトーナメントでは、4試合中2試合で1点差を競り勝つ展開。荒川主将は「この試合のために組んだチームだったが、協会内でよく知った関係だったので、チームワークを発揮することができた」と振り返る。

「チームワークが重要」

 今回出場を決めた全日本選手権は、ゲートボール生誕70周年の記念大会。各県の代表と昨年の優勝チームあわせて48チームが頂点をめざして戦う。

 この大会には、吉沼さんに代わり鈴木会長がメンバーとして出場。チーム平均年齢は77歳となる。

 9月8日には戸塚区役所を訪れ、田雑由紀乃区長にあいさつした。「楽しみながら優勝を目指したい」というメンバーに、田雑区長は「健闘をお祈りします」とエールを送った。

 ゲートボールは1チーム5人で戦い、30分の試合終了時、ゲート通過などのポイント数が多いチームの勝利となるゲーム。自分のボールを敵や味方のボールにぶつけつつ、補助や妨害をすることで展開するため、荒川主将は「技術はもちろん、チームワークが重要」と説明する。

 同協会では月一度のペースで「TGS」(戸塚区ゲートボールスクール)という勉強会を実施している。ここで会員同士の結束や実力を、日頃から高めあっているという。鈴木会長は「(この勉強会で)戸塚区全体のレベルも上がっているのでは」と話す。

 同チームは今回、より一致団結しようと、黒いユニホームを新調した。荒川主将は「一試合ずつ戦い、まずはリーグ戦を勝ち上がりたい」と話した。

2018年3月オープン

東戸塚に介護付ホーム、介護付有料老人ホーム新設。資料請求、ご入居相談受付中。

http://sweetpea.co.jp/news/office/nursinghome-higashitotsuka

ガソリンスタンドで腰痛改善!

「車と体、両方のメンテナンスは当店へ」

http://www.freerom.jp/

<PR>

戸塚区版のトップニュース最新6件

「横浜らしさ」を重視

新市庁舎商業施設

「横浜らしさ」を重視

12月14日号

ピアノで全日本1位

豊田中3年千葉さん

ピアノで全日本1位

12月14日号

民泊新法受け条例案

横浜市

民泊新法受け条例案

12月7日号

戸塚駅に喫煙所新設

横浜市

戸塚駅に喫煙所新設

12月7日号

事務負担 軽減化進む

市教職員

事務負担 軽減化進む

11月30日号

20年来の活動を市が表彰

名瀬町の水辺愛護会

20年来の活動を市が表彰

11月30日号

平成横浜病院

予防医学の知見を取り入れた健診センターが2018年6月にオープン(予定)

http://yokohamahp.jp/

<PR>

戸塚区版の関連リンク

あっとほーむデスク

戸塚区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

横浜薬科大21階を開放

横浜薬科大21階を開放

元旦 初日の出イベント

1月1日~1月1日

戸塚区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年12月14日号

お問い合わせ

外部リンク