戸塚区版 掲載号:2017年10月5日号
  • googleplus
  • LINE

戸塚で親子参加イベントを企画したNPO法人「りそーるとつか」の理事長を務める

齋藤 健児さん

泉区在住 40歳

「まちづくり」を子育て世代で

 ○…親子が協力し、戸塚に関する謎を解きながらまち歩きをする「戸塚でGO」を初開催する。「区内にはショッピングの場所はたくさんあるけれど、親子で遊べる場所、イベントは多くない。それなら作ろうというのが原点」と話す。参加した親子の絆が深まり、地元がもっと好きになる――。そんなイベントを目指す。

 ○…企画したのは、自身が理事長を務めるNPO法人「りそーるとつか」。主に戸塚区近辺の企業経営者や会社員からなり”住みたくなるまちづくり”のためイベント企画を行う。メンバーの中心は30〜40代。「子育てに悩んだり、親子の関係を真剣に考えている人が多い世代だからこそ、できることがあるはず」と今回の企画意図を語る。団体のもう一つの特徴は、戸塚の外に住むメンバーが多いこと。自身も泉区在住だが「外にいるからこそ持っている視点で地域のために頑張りたい。区が違うからといって、子育てに悩む人がいることに代わりはないので」とカラリと話す。

 ○…泉区で不動産会社を経営。以前は大手不動産会社に勤めていたが「顧客第一」と掲げながら内実は「成績第一」という矛盾に悩み、3年前に独立した。顧客に対する並々ならぬ思いは、ある経験が元になっている。「嫁さんは、じつはお客さんから紹介された。信頼関係を築けたから、新しい出会いを得ることができた」。いま経営できているのも「地域の方々との信頼関係のおかげ」と感慨深げ。NPO法人の立ち上げは、恩返しの意味合いが大きいという。

 ○…両親の離婚もあり、親と遊びに出かけた記憶はない。「だからこそ、こういうイベントを始めたくなったのかも」と話す。そんな自身は今年、娘をもうけた。「おむつ、おふろ、おむつと毎日大変。でも本当にかわいいよね」と満面の笑みで話す。「娘にも、自分の育った地域の事を好きになって欲しい」。仕事と子育て、そしてまちづくりに、きょうも奔走する。

関連記事powered by weblio


10/25家族葬の個別相談会

知っておきたい最近の葬儀についてご説明いたします

http://www.sougi-itabashi.co.jp/

出張ご相談会

戸塚郵便局2階特設コーナー

http://www.totsuka-hanakannon.com/

<PR>

戸塚区版の人物風土記最新6件

田中 治喜さん

横浜市戸塚倫理法人会の新会長に就任した

田中 治喜さん

10月12日号

鈴木 聡さん

写真展「発見!戸塚今昔物語」を企画した

鈴木 聡さん

9月21日号

藤倉 隆彦さん

8月6日から3週間、スリランカへ訪問し、野球道具を現地チームへ寄付した

藤倉 隆彦さん

9月7日号

水野 恭一さん

(一社)横浜市医師会の新会長に就いた

水野 恭一さん

8月31日号

飯田 清子さん

8月23日に子ども防災体験塾を開催したとつか災害ネットの代表を務める

飯田 清子さん

8月24日号

照井 善二さん

設立40周年を迎えた深谷小学校区盆踊り実行委員会の代表を発足時から務める

照井 善二さん

8月17日号

平成横浜病院ホスピタルニュース

10月28日(土) 「認知症ってどんな病気?」‐診断から予防まで‐

http://www.yokohamahp.jp/

戸塚スポーツセンター

10月15日㈰スポーツ・レクリエーションフェスティバル2017開催、参加無料

http://www.yspc.or.jp/totsuka_sc_ysa/

<PR>

戸塚区版の関連リンク

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

戸塚区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年10月12日号

お問い合わせ

外部リンク