戸塚区版 掲載号:2017年10月12日号
  • googleplus
  • LINE

横浜市戸塚倫理法人会の新会長に就任した

田中 治喜さん

磯子区在住 46歳

原動力は「溢れる向上心」

 ○…経営者の自己革新を通し、顧客や地域への貢献を目指す横浜市戸塚倫理法人会の新会長に着任した。約6万社が加盟する全国組織「倫理法人会」の単会として4年前に発足した同会は、毎週セミナーを行うなど精力的に活動している。「現在の加盟企業は50社弱。100社の目標を達成できるよう努めたい」と身を引き締めて話す。

 ○…同会への加入は設立初期から。親交の深い戸塚の知人から紹介されてセミナーに参加したのがきっかけだった。「そのときの講師が仕事を果樹に例えた話をしていて。結果が”実”だとすると、そこに至るまでの努力は”根”。大切なのは、この根がどう成長して実となっていくかだと諭された」。この話に共感して入会を決心。それからは事務長なども歴任し、今回、他の会員から会長職を推された。「仲間や地域の支えという強い基盤のもとで大きく成長できるチャンスだ」と思い、会の先頭に立つ決意を固めたという。

 ○…普段は掃除から害虫駆除まで扱う大手フランチャイズチェーンの支店長として、忙しい日々を送っている。「この業界に入るまでは色々あった」と笑い交じりに話し、「実は学生時代、社会人の友達が給料で自由に遊んだり、多くの大人と接したりしている姿に憧れて、19歳で大学を中退した」と人生の分岐点を語る。以降、飲食や運送など昼夜問わず働き辛いときもあったという。「それでもお客さんに喜んでもらえるのが嬉しくて」。そんな思いが自身に不断の向上心を育み、今でも仕事や会の活動の原動力にもなっている。

 ○…山梨の広大な畑に囲まれて育ってきたが「戸塚も負けてない。まだまだ額に汗を流して頑張る農家さんが多い」という。会ではそんな戸塚の発展も視野に入れている。「自分に影響をもたらしたセミナーを通して、人々が元気に働ける企業を一つでも多く増やし、この街の繁栄に貢献できたら」と口調は明るい。

関連記事powered by weblio


10/25家族葬の個別相談会

知っておきたい最近の葬儀についてご説明いたします

http://www.sougi-itabashi.co.jp/

出張ご相談会

戸塚郵便局2階特設コーナー

http://www.totsuka-hanakannon.com/

<PR>

戸塚区版の人物風土記最新6件

齋藤 健児さん

戸塚で親子参加イベントを企画したNPO法人「りそーるとつか」の理事長を務める

齋藤 健児さん

10月5日号

鈴木 聡さん

写真展「発見!戸塚今昔物語」を企画した

鈴木 聡さん

9月21日号

藤倉 隆彦さん

8月6日から3週間、スリランカへ訪問し、野球道具を現地チームへ寄付した

藤倉 隆彦さん

9月7日号

水野 恭一さん

(一社)横浜市医師会の新会長に就いた

水野 恭一さん

8月31日号

飯田 清子さん

8月23日に子ども防災体験塾を開催したとつか災害ネットの代表を務める

飯田 清子さん

8月24日号

照井 善二さん

設立40周年を迎えた深谷小学校区盆踊り実行委員会の代表を発足時から務める

照井 善二さん

8月17日号

平成横浜病院ホスピタルニュース

10月28日(土) 「認知症ってどんな病気?」‐診断から予防まで‐

http://www.yokohamahp.jp/

戸塚スポーツセンター

10月15日㈰スポーツ・レクリエーションフェスティバル2017開催、参加無料

http://www.yspc.or.jp/totsuka_sc_ysa/

<PR>

戸塚区版の関連リンク

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

戸塚区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年10月12日号

お問い合わせ

外部リンク