戸塚区版 掲載号:2017年12月7日号
  • googleplus
  • LINE

災害時消火用水 スポーツ施設のプール活用 戸塚消防署が初協定

社会

名取署長と齋藤支配人を中心に手を重ねる
名取署長と齋藤支配人を中心に手を重ねる
 戸塚消防署(名取正暁署長)は11月30日、セントラルフィットネスクラブ東戸塚(小山祐宇(ゆきひろ)店長)とスポーツクラブNAS戸塚(齋藤志帆支配人)とで、区内初の災害時に各施設のプールを消火用水として、また駐車場を消防活動用地として使用する協定を結んだ。

 この協定は、大規模地震などによる街中での火災発生時に消火栓が使用できなくなることを想定し、締結したもの。消火用水確保の検討が重ねられてきたなか、スポーツクラブに協力を要請したところ実現。今後、区内にある残り5カ所の民間スポーツ施設にも協力を求めていく。

 当日、セントラルフィットネスクラブ東戸塚での協定締結式には、名取署長をはじめ戸塚消防団の川邊聡団長、川上町町内会の羽田聡二会長、小山店長が参加。またスポーツクラブNAS戸塚での協定締結式には、署関係者に加え吉田矢部地区連合会の川畑孝男会長、齋藤支配人が参加した。

 名取署長は「阪神淡路大震災から22年経った今も、街中で消防力を超えた被害を受けた光景を忘れることができない。消火栓、防火水槽、河川など今ある消火用水だけでは、もはや対応しきれないケースもあることを先の震災から学んだ。今回の協定締結は非常に有意義」とあいさつ。

 小山店長は「地域に根差した経営を心掛けている当スポーツクラブで地域の方々の安全・安心を災害時に提供できて光栄だ」と語り、齋藤支配人は「プールの水だけではなく、レンタルウェアやシューズ、タオルを災害時に提供するなど当施設で協力できることはたくさんある。少しでも地域貢献できることには今後も積極的に取り組みたい」と話した。

協定書を手にする名取署長(左2人目)と小山店長
協定書を手にする名取署長(左2人目)と小山店長
施設の裏で放水訓練(セントラル)
施設の裏で放水訓練(セントラル)

2018年3月オープン

東戸塚に介護付ホーム、介護付有料老人ホーム新設。資料請求、ご入居相談受付中。

http://sweetpea.co.jp/news/office/nursinghome-higashitotsuka

ガソリンスタンドで腰痛改善!

「車と体、両方のメンテナンスは当店へ」

http://www.freerom.jp/

<PR>

戸塚区版のローカルニュース最新6件

横浜212チームの頂点に

区内少年野球チーム

横浜212チームの頂点に

12月7日号

横浜薬科大21階を開放

平戸に地域交流スペース

グループホームを紹介

障害者週間シンポジウム

グループホームを紹介

11月30日号

がん検診の重要性訴え

木下医学博士

がん検診の重要性訴え

11月30日号

区内学生が募金呼びかけ

平成横浜病院

予防医学の知見を取り入れた健診センターが2018年6月にオープン(予定)

http://yokohamahp.jp/

<PR>

戸塚区版の関連リンク

あっとほーむデスク

戸塚区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

横浜薬科大21階を開放

横浜薬科大21階を開放

元旦 初日の出イベント

1月1日~1月1日

戸塚区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年12月7日号

お問い合わせ

外部リンク