戸塚区版 掲載号:2017年12月7日号
  • googleplus
  • LINE

横浜市 戸塚駅に喫煙所新設 3月の禁止地区指定先立ち

社会

 横浜市は来年3月1日から戸塚駅周辺を喫煙禁止地区に指定する。それに先立ち12月4日、同駅周辺に喫煙所を3カ所新設した。市では「指定前に開設することにより、駅周辺での喫煙行動に慣れてもらうことが目的」としている。

**********

 横浜市は、07年度から横浜駅、みなとみらい地区、鶴見駅、新横浜駅などの周辺地区・市内6カ所で喫煙禁止地区を設けている。戸塚駅も市南西部のターミナル駅として利用者数が多いことなどから指定を受けることになった。

 今回市は指定前に喫煙所を初めて設置する。これまでの6地区は、指定と同時または指定後だったが、市が今夏、市民に意見募集したところ、「喫煙所を早く作って欲しい」「駅付近に灰皿を設置して欲しい。公に吸える場所がなくて困っている」などといった声が寄せられたこともあり、担当の資源循環局では「指定前3カ月前のこの段階に、喫煙できる場所をいち早くPRするため開設した」とその理由を語る。

 設置されたのは、戸塚モディ前のペディストリアンデッキ、西口大踏切デッキ下、西口バスセンターの3カ所(=図参照)。このうちもっとも大きいのはモディ前で60平方メートル弱あり、最大で40人程度が使用できるという。いずれも屋根はなく透明のパーテーションで区切ってあるもの。

 戸塚駅を通勤で利用する非喫煙者の一人は「駅周辺でタバコを吸えなくなることは歓迎している。一方で喫煙したい人の気持ちも分かる。こうした形で分煙がしっかりと進んでいけば良いのではないか」と話していた。

 喫煙禁止地区内では、喫煙所以外でたばこを吸うと、過料2千円が徴収される。

西口バスセンターの喫煙所
西口バスセンターの喫煙所

平成横浜病院

予防医学の知見を取り入れた健診センターが2018年6月にオープン(予定)

http://yokohamahp.jp/

<PR>

戸塚区版のトップニュース最新6件

民泊新法受け条例案

横浜市

民泊新法受け条例案

12月7日号

事務負担 軽減化進む

市教職員

事務負担 軽減化進む

11月30日号

20年来の活動を市が表彰

名瀬町の水辺愛護会

20年来の活動を市が表彰

11月30日号

「地域共生」で対応

超高齢社会

「地域共生」で対応

11月23日号

区内から2人選出

神奈川の名工

区内から2人選出

11月23日号

支給時期早める

入学準備費

支給時期早める

11月16日号

ホテルプラムクリスマスディナー

12月17日㈰IKKO、24日㈰夏川りみ開催。上質な洗練された美食と共に

http://www.hotel-plumm.jp/

<PR>

戸塚区版の関連リンク

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

戸塚区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

横浜薬科大21階を開放

横浜薬科大21階を開放

元旦 初日の出イベント

1月1日~1月1日

戸塚区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年12月7日号

お問い合わせ

外部リンク