世界的に活躍する戸塚区民オーケストラの常任指揮者

井崎 正浩さん

東京都在住 51歳

掲載号:2011年7月21日号

地域から世界まで

 ○…8月6日(土)、戸塚公会堂で開かれるサマーコンサートを指揮する(要入場整理券。当日券若干数)。メンバーからの熱烈な依頼を受け常任指揮者に就任し18年。「本番で本領発揮できず、お通夜のような打ち上げをしていた」ころから、楽しさも悔しさも団員と共有し、レベル向上に努めてきた。日本とハンガリーを拠点に国際的指揮者として活躍するかたわら、年2回ある区民オケの主な公演で穴を空けたのは一度きりだ。

 ○…福岡市出身。5歳から学んできたエレクトーンを素地に、17歳からクラシックに傾倒。福岡教育大学在学中に給費留学したオーストリアで、ウィーン・フィルの「力強くも柔らかい、すべてを包み込む響き」に触れ、指揮者を志す決意を固めた。音大出身でないことが「異色」とされる日本で、プロとして認知されるまでの道のりは平坦ではなかったが、「自分の音楽」を明確に伝える指揮で、共感と信頼を得てきた。

 ○…1995年、ブダペスト国際指揮者コンクール優勝を機に、ハンガリー国立歌劇場や同国立ブダペスト・オペレッタ劇場など世界最高峰の舞台で活躍。07年にはソルノク市音楽総監督に就任し、ハンガリー初の自治体音楽監督として市内の音楽団体を横断的に束ねるなど、いまやハンガリー音楽界に不可欠の存在に。「ハンガリーの人たちは人見知りだけど、仲良くなると家族同然。博多っ子に通じる温かさがありますね」。終始おだやかなマエストロだが、地域から世界まで、人生経験も音楽的見解も一人ひとり違う演奏家の心の鍵を、タクト一本で開けてきた情熱は計り知れない。

 ○…妻と中2の愛娘が暮らす日本に滞在できるのは一年の半分余り。しかし、様々なツールが発達した今、ハンガリーは「少し遠い隣町」といった感覚という。「楽曲への新しいコンセプトやアイデアをしっかり提案し、最高の演奏をお客様に提供していきたい」と、さらなる高みを目指す。
 

戸塚区版の人物風土記最新3件

  • 清水 ゆうさん

    清水ゆうシャンソン研究会代表として福祉施設でボランティア活動を行う

    清水 ゆうさん

    汲沢町在住 67歳 本名:出村秀一さん

    7月17日号

  • 志村亮(りょう)さん

    7月12日、高校野球神奈川大会の開幕戦で始球式を行う

    志村亮(りょう)さん

    品濃町在住 47歳

    7月10日号

  • 渋谷 和生さん

    戸塚図書館の館長を務める

    渋谷 和生さん

    泉区在住 55歳

    6月26日号

人生も恋もまだまだこれから!

あなたの魅力が花開く「炭酸泉マイスター」が7月19日スタート!

http://www.yunoichi.com/

<PR>

東戸塚記念病院市民公開講座

7月30日㈬、参加無料講座「お腹に症状が出る感染症とその対応について」

http://www.higashi-totsuka.com/

<PR>