栄区版 掲載号:2013年12月12日号

日立横浜病院

名称改め「平成横浜病院」

         12月から医療法人に

 (株)日立製作所が運営する「日立横浜病院」(戸塚区/加地利雄病院長)が新たに「医療法人 横浜平成会」を設立し、12月1日付で「平成横浜病院」=写真=となった。地域住民が多く利用する昨今の現状を踏まえ、より公共性を高めていく方針だ。

 同院は1942年、日立戸塚工場内に診療所として開設されたのが始まり。工場の付属病院から57年に日立戸塚病院と名称を変更。その後、結核病棟の廃止や敷地内に健診センターを開設する(2000年に統合)など時代の流れとともに形態を変えていった。日立横浜病院と名称が変えられたのは08年。

 近年では地域住民の利用が増えており、同院では社員からより地域へと門戸を広げ、地域に密着した質の高い医療を提供するため、企業から新たに医療法人を設立。再出発することにしたという。

 法人理事長は加地病院長が務め、スタッフもほとんどが引き続き勤務する。診療科は内科、外科、整形外科、眼科、歯科・口腔外科のまま、病床数も95床と従来の体制を維持する。

リハビリ、在宅療養などに注力

 医療法人立となるにあたり、今後力を入れていくのが縮小傾向にあったリハビリテーションの分野だ。これまでになかった機能を追加するほか、既にリハビリの専門スタッフの増員を図っているという。

 また、従来以上にオペや外来、健診などの患者数を受け入れるほか、地域連携室も整備。さらに在宅分野のサービスも充実させ、在宅療養を全般的に支援する体制を整えていく方針だ。同院では「基本的には今まで通りだが、より質向上を目指していく」としている。

栄区版のローカルニュース最新6件

「小菅ケ谷米」で餅つき

「じんじん」無料上映会

10回目の栄「第九」演奏会

2月5日

10回目の栄「第九」演奏会

1月19日号

映画で「学校参観」

区民と区長が夢語る

18歳、それぞれの未来図

野球×サッカー 新春対談

18歳、それぞれの未来図

1月12日号

関連記事(ベータ版)

栄区版の関連リンク

あっとほーむデスク

栄区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年2月23日号

お問い合わせ

外部リンク

メール版タウンニュース

ライブカフェミッシェル

タウンニュースホール

ケータイ版タウンニュース

ケータイで左のQRコードを読み取るか以下のURLを入力してください。

http://www.townnews.co.jp/m/