金沢区版 掲載号:2012年10月11日号

区内送迎保育ステーション

開設半年で廃止へ

利用者低迷で事業見直し

活用されなかった送迎バス
活用されなかった送迎バス

 横浜市が待機児童対策として昨年度から始めた市内5つの送迎保育ステーションのうち、今年4月に開設された金沢区の「スターチャイルド 金沢文庫ナーサリー」を含む2施設が廃止されることが決まった。駅から離れた定員割れ保育所の活用策としても期待されたが、利用者が伸び悩んでいることから、見直しを余儀なくされた形だ。

 送迎保育ステーション「スターチャイルド 金沢文庫ナーサリー」(谷津町)は今年4月、開設された。3〜5歳児を対象とし、保護者の代わりに指定保育園にバスで送り迎えするサービスを提供。「入所できる保育所が自宅から遠い」「就業時間と保育所の開所時間が合わない」などの事情を持つ保護者の利用を見込んでいた。

 だが、開所から半年たった現在でも、送迎利用者はゼロ。こうした現状を受け横浜市は、金沢文庫ナーサリーと同じく利用者がゼロの「スターチャイルド 川和ナーサリー」(都筑区)の2施設のステーション機能を今年度末で廃止することを決めた。

  市は昨年度、認可保育所を49園新たに整備したほか、横浜保育室やNPO等を活用した家庭的保育事業で待機児童対策を進めてきた。4月1日現在で区内の待機児童数は5人。市子ども青少年局保育運営課は、利用者低迷の理由を「こうした背景に加え、金沢区は保育所の3歳児の空きが少なく、使いたい人がいても使えない状態にある」と分析する。両施設の運営会社・みつばの西宮裕美子さんは「公共交通機関が発達した横浜には馴染まない制度なのでは」と指摘する。また保護者からは「1日200円(往復)の利用料金が負担」との声も上がったという。

 金沢文庫ナーサリーは、来年4月から現在の0〜2歳児の乳児保育所の機能を拡充し、0〜5歳児までの保育所として再出発をきる。約60平方メートル増床し、設備も一新するという。

 10月6日には、金沢文庫ナーサリーで保護者説明会を開催。参加した保護者からは「3歳になっても転園することなくここに通えるのは、逆によかった」など、方針転換を歓迎する声が多く聞かれたという。西宮さんは「保育士にとっても卒園まで間近で成長がみられるのは嬉しいこと。これからも地域に根ざした保育所を目指す」と話した。

 一方で、旭区(2カ所)と戸塚区の計3施設は現行のまま継続される。現在、施設利用者は3施設で計20人。市は利用状況を分析しつつ、地域特性に合った事業への転換を検討していく考えだ。
 

金沢区版のトップニュース最新6件

団地再生で共同事業体

横浜市とURなど5者

団地再生で共同事業体

1月19日号

がん患者の就労相談開始

横浜市立大学附属病院

がん患者の就労相談開始

1月19日号

長島氏が出馬を表明

横浜市長選

長島氏が出馬を表明

1月12日号

5人に牡丹賞を授与

金沢区民栄誉賞

5人に牡丹賞を授与

1月12日号

観光ツアー  1000通り準備

黒岩知事インタビュー

観光ツアー 1000通り準備

1月5日号

2047人が門出

金沢区の新成人

2047人が門出

1月5日号

関連記事(ベータ版)

金沢区版の関連リンク

あっとほーむデスク

金沢区・磯子区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年3月23日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク

メール版タウンニュース

ライブカフェミッシェル

タウンニュースホール

ケータイ版タウンニュース

ケータイで左のQRコードを読み取るか以下のURLを入力してください。

http://www.townnews.co.jp/m/