金沢区版 掲載号:2013年7月18日号

目指せ日本一 スポーツ

闘う金沢の高校生

全員バスケで上位狙う
全員バスケで上位狙う
 このコーナーでは、県大会や関東大会を勝ち抜き、全国大会に出場する金沢区の高校生を3回にわたって紹介します。

どん底乗り越え、全国へ金沢総合高女子バスケ部

 県立旭高に敗北を喫した5月の神奈川県予選決勝。主将の吉成文さん(3年)は、「当時はどん底まで落ちて、気持ちが乗らない日が続いた」と振り返る。現状を克服しようと、全員で悩みながら話し合いを重ね、練習を積み重ねてきた。「全員で守る意識」は、その中から培われてきたもの。インターハイ予選の決勝では、5月に負けた旭高相手に雪辱を果たしたが、現状に満足はしていない。「まだまだ強くなれる。勝って安心している部分があるので、引き締めないと」と吉成主将。好不調の波が大きかったのが、徐々にコントロールできつつあると清水麻衣監督も評価する。吉成主将は、「司令塔としても安定した試合運びをしたい。目標はベスト8」と意欲を見せた。

 初戦は7月29日(月)の県立岡豊高(高知)戦。

男子に混ざって練習釜利谷高レスリング部三浦由起子さん(3年)輿水ゆめみさん(2年)

 女子が二人しかいない釜利谷高校レスリング部。両選手は、体格も腕力も勝る男子に混ざり、毎日の練習に没頭してきた。

 6月に行われた関東高等学校レスリング大会準決勝は、三浦さんと輿水さんが戦う同校対決となった。結果は三浦さんが3位で、輿水さんが2位。揃ってインターハイへの切符を手に入れた。

 小学5年生の頃にレスリングを始めたという三浦さんは「初めてのインターハイ出場。今年が最後なので、ひとつでも多く勝てるように全力を尽くす」と静かに、しかし熱い語り口調。高校からレスリングを始めたという興水さんは「『自分のレスリング』をしたい。そして、決勝で敗れた相手にリベンジを」と力を込める。

 試合は8月6日(火)と7日(水)の2日間、長崎県の島原アリーナで行われる。

優勝で「恩返し」釜利谷高ボウリング部三浦美里さん(3年)

 戸塚ボウリングセンターで行われた高校総体で、個人総合2位の座に輝き、ジュニアオリンピックへの出場権を得た。

 ボウリングの大会では、最高点数を出した選手に与えられる「ハイゲーム賞」、3ゲームのスコアを出した選手への「ハイシリーズ賞」、そして12ゲームの総合得点で決まる「優勝」などの各賞がある。

 「目標は優勝です。師匠の矢野金太プロに恩返しをしたい」。高校から始めたボウリング。全国で戦えるようにまで育ててくれたのが、矢野プロだった。

 ハイスコアは289。本番でこの数字が出れば、優勝は射程圏内だ。

 「普段はよく食べ、よく寝ます」とにこにこ。”シュークリーム大好き女子高生”が、全国の頂を目指す。

 試合は7月30日(火)と31日(水)、品川プリンスボウリングセンターで行われる。

三浦さん(左)と輿水さん
三浦さん(左)と輿水さん
三浦美里さん
三浦美里さん

金沢区版のローカルニュース最新6件

<PR>

関連記事(ベータ版)

金沢区版の関連リンク

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

金沢区・磯子区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 物語でめぐるわが街

    物語でめぐるわが街

    『弩(ど)』著・下川博 講談社文庫文・協力/金沢図書館

    10月12日号

  • 金沢区制70周年記念連載 「地元の歴史 振り返る」第13回

    横浜唯一の大名武州金沢藩

    文/NPO法人横濱金澤シティガイド協会本コラムでは2018年に金沢区が区制70周年を迎えるにあたり、シティガイド協会の協力を得て、地元の歴史を振り返る

    10月12日号

  • 葉にできる不思議な瘤(こぶ)

    第2回 虫こぶ(虫癭(ちゅうえい)) 金子さんの草花の不思議発見

    葉にできる不思議な瘤(こぶ)

    文・日本自然保護協会自然観察指導員 金子昇(富岡西在住)

    10月5日号

金沢区・磯子区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2017年10月12日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク