金沢区・磯子区版 掲載号:2014年11月6日号

発足20年を迎える「草音楽会」代表の

井口 敦さん

能見台在住 62歳

マイナー求める音楽人

 ○…アイルランドやスウェーデンの民族楽器の愛好家。「ブズーキ」「ニッケルハルパ」など耳慣れない弦楽器は、フォーク音楽のルーツだ。日本で学べない演奏方法は、海外のワークショップに参加して習得した。「現地でもあまり知られていないような楽器なので、歓迎されますよ」。夢中になる理由は「マイナーだから」。「楽器を作成した人と直接やりとりできるのが楽しい」と話す。

 ○…各国に伝わる音楽の演奏家を集めてコンサートを行う「草音楽会」の代表。元々は「聞きなれない音楽だから、楽しませるよりまずは自分たちが楽しもう」というコンセプトだったが、回数を重ねるごとにファンは増えていった。年2回開催するが、最近は110人のホールが満員に。「続けることで親しまれてきたのかな」と話す。40回記念の音楽会ではジャンル間のコラボを企画。「まったく違う文化で生まれたのに、意外と音色が合ったりして面白いです」

 ○…30年間東芝に勤め、その後スウェーデン系の建設機械の会社に転職。海外出張が多く、語学力を身に着けた。リタイア後、中小企業振興公社に再就職。企業の技術を海外に発信するため、展示計画やアレンジを行う。海を隔てたやりとりは得意分野。「実は民族楽器の輸入にも役立っているんです」。最近では楽器販売店から、楽器取り寄せの依頼が来るようになった。

 ○…「人間が作ったものは、作れるはず。同じ人間だから」。そんな発想で、自ら民族楽器の製作を手掛けるようになった。60歳でアイルランドの工房に弟子入りし、その後磯子区に工房を設けた。夢は民族楽器の修理と輸入代行ができる工房づくり。「現地の職人も少なくなっている。修理に困っている人に喜んでほしい」と希望を語る。一方で「できれば多くの人に知られて欲しくない」とも。「やっぱりマイナーなのが好きなので」と冗談めかし、ほほ笑んだ。

金沢区・磯子区版の人物風土記最新6件

中野 雅子さん

6月23日に杉田劇場でジャズライブを開催する

中野 雅子さん

5月25日号

蛯原 直美さん

今年度の横浜観光親善大使に選ばれ、街の魅力を発信する

蛯原 直美さん

5月18日号

加々美 マリ子さん

子ども食堂「すくすく」を立ち上げ、4月から毎月第一土曜に開催している

加々美 マリ子さん

4月27日号

伊藤 有壱さん

「全国都市緑化よこはまフェア」のシンボルキャラ「ガーデンベア」をデザインした

伊藤 有壱さん

4月20日号

茂山 瑶(ひかり)さん

5月2日に杉田劇場でピアノリサイタルを開催する

茂山 瑶(ひかり)さん

4月13日号

幸野 ゆりあさん

4月8日(土)に2代目シーサイドラインプロモーションガールに就任する

幸野 ゆりあさん

4月6日号

福聚院墓苑 限定区画販売

墓石付き墓地98万円~ ☎0120・514・194へ

http://www.514194.co.jp

<PR>

関連記事(ベータ版)

金沢区・磯子区版の関連リンク

あっとほーむデスク

金沢区・磯子区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 物語でめぐるわが街

    物語でめぐるわが街

    『時こそ今は』太田治子著 筑摩書房文・協力/金沢図書館

    8月17日号

  • 金沢八名木と金沢四石

    金沢区制70周年記念連載 「地元の歴史 振り返る」第9回

    金沢八名木と金沢四石

    文/NPO法人横濱金澤シティガイド協会本コラムでは2018年に金沢区が区制70周年を迎えるにあたり、シティガイド協会の協力を得て、地元の歴史を振り返る

    8月10日号

金沢区・磯子区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2017年8月17日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク

メール版タウンニュース

ライブカフェミッシェル

タウンニュースホール

ケータイ版タウンニュース

ケータイで左のQRコードを読み取るか以下のURLを入力してください。

http://www.townnews.co.jp/m/