金沢区版 掲載号:2015年1月1日号

「横浜に小児ホスピスを」

候補地に金沢区も

 難病の子どもが残された時間を家族と共に過ごせる「子どもホスピス※」を横浜に作りたい――。6歳の娘を脳腫瘍で失った一人の父親の夢が、金沢区で実現に向け動き出した。

娘からの使命

 父親の名は田川尚登さん(57)。1997年、脳腫瘍を患った次女=写真上=に「あと半年」という余命宣告が下された。残された時間で家族ができることは何か。自問する中で、難病の子どもが終末期に家族らと一緒に充実した時を過ごすことができる「子どもホスピス」設立の夢が芽生えた。「娘から与えられた使命だと感じた」と振り返る。

 その後、田川さんはNPO法人スマイルオブキッズを立ち上げ08年、難病の子どもの患者家族が滞在できる施設「リラのいえ」を開設。ホスピス設立資金の約3億円のめどは立たないままだったが、13年、元看護師の女性から代理人を通して、遺産など計1億500万円の寄付を受けたことが転機となった。

 昨年8月、同法人理事と支援者である医師や福祉施設運営者、会社経営者らで「横浜小児ホスピス設立準備委員会」を発足した。現在、実現に向け、場所の選定や施設の図面を準備。コンサートやイベントなどで建設資金や運営資金を調達することを企画している。多くの賛同者と支援者を集め、あと2年で資金を貯めたいとしている。寄付や問い合わせは田川さん(090・1432・7694)。

 その候補地の一つに挙げられているのが金沢区だ。田川さんは「動物園や水族館があり、自然豊かな地域。横浜市内ではベストなのでは」と意欲をしめす。準備委員会には区内医師会会長の池川明氏や助産師の山本詩子氏も名を連ねる。

1月23日にコンサート

 同準備委員会は1月23日(金)、世界的なピアニスト関孝弘さんのチャリティーコンサートを開催する。神奈川県立音楽堂(西区/桜木町駅徒歩10分)で、午後7時開演。入場料は前売り券5千円、当日券5500円(チケットぴあで販売/Pコード249・291)。収益金はすべてホスピス設立基金に充てられる。

田川尚登さん
田川尚登さん

金沢区版のトップニュース最新6件

子育て支援ボランティアセミナー

3月8日、いきいきセンター金沢3階会議室で開催。現在、参加者募集中。

http://www.kana-iki.net/

最大4万円の家賃補助付

金沢文庫駅徒歩3分の横浜市高齢者向け住宅 残りわずか

http://www.powersunlimited.co.jp/company/shops.html#eswsComponent-1347549742355

<PR>

関連記事(ベータ版)

金沢区版の関連リンク

“輝けシニア起業家”

あっとほーむデスク

金沢区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 天使が3回キスして3色に

    季節の花㉙ 伝説が多い「パンジー」

    天使が3回キスして3色に

    日本自然保護協会自然観察指導員 金子昇(富岡西在住)

    2月16日号

金沢区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2017年2月23日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク

メール版タウンニュース

ライブカフェミッシェル

タウンニュースホール

ケータイ版タウンニュース

ケータイで左のQRコードを読み取るか以下のURLを入力してください。

http://www.townnews.co.jp/m/