金沢区・磯子区版 掲載号:2017年3月23日号

3月から定期開催となった「関内駅チカアート市」を主宰する

榊 剛史さん

磯子区中原在住 44歳

アートで町の魅力伝える

 ○…関内駅直結のマリナード地下街で、バッグやアクセサリー、マグカップなど作家作品の販売やアーティストのライブなどを行う「関内駅チカアート市」の企画・運営を手掛ける。2014年から不定期で開催していたが「最初は散々だった。人が来ず、辛いが9割」とも。それでも出展作家に「少しでも『参加してよかった』と思って欲しい」という一心で継続すると少しずつ客足が増えた。定期開催初日となった3月4日を終え、「続けられるかも」という手ごたえを感じる。

 ○…藤沢市の出身。以前はイベント会社に勤め、作家作品を商材として普及していく業務を行っていた。だが「もっと作家さんに寄り添いたい」と退職。その後、体調不良の知人に代わり約半年、元町にあるギャラリーを運営した。「家賃を払うだけで大変だったけど、あれが今の原体験」。2009年、作家作品をインターネットで紹介する「工房暖簾ギャラリー」を設立。沖縄から青森まで約40のセレクトアトリエの活動や作品を普及・販売する。

 ○…「イベントに協力してくれるアトリエ吉田町や地下街の運営会社、自分についてきてくれる作家さんにお返しがしたい」と周囲への感謝の気持ちを忘れない。一方で「妻は会社を辞めてこういう道に進むとは考えていなかったと思います」と苦笑い。中学2年と小学4年の娘たちは、展覧会を開けば、学校の課題の題材探しにやってくるという。家では子煩悩なパパ。最近は次女と二重跳びの練習をすることが多く、「次女は30回、自分は60回できるようになった」と笑う。

 ○…4月には横浜山手の西洋館で動物をモチーフとした約100作品を展示する。今後はマリナード地下街に留まらず、さまざまな場所でアート市を展開したいと考える。「市を通して多くの人に利用してもらえるような空間にできれば。『アートの町』としての吉田町の魅力も発信していきたい」とにこやかに話した。

6/4くらべて選ぶ事前相談会

家族葬から一般葬儀まで費用や内容について、ご相談を承っております。

http://www.sougi-itabashi.co.jp/

<PR>

金沢区・磯子区版の人物風土記最新6件

中野 雅子さん

6月23日に杉田劇場でジャズライブを開催する

中野 雅子さん

5月25日号

蛯原 直美さん

今年度の横浜観光親善大使に選ばれ、街の魅力を発信する

蛯原 直美さん

5月18日号

加々美 マリ子さん

子ども食堂「すくすく」を立ち上げ、4月から毎月第一土曜に開催している

加々美 マリ子さん

4月27日号

伊藤 有壱さん

「全国都市緑化よこはまフェア」のシンボルキャラ「ガーデンベア」をデザインした

伊藤 有壱さん

4月20日号

茂山 瑶(ひかり)さん

5月2日に杉田劇場でピアノリサイタルを開催する

茂山 瑶(ひかり)さん

4月13日号

幸野 ゆりあさん

4月8日(土)に2代目シーサイドラインプロモーションガールに就任する

幸野 ゆりあさん

4月6日号

<PR>

関連記事(ベータ版)

金沢区・磯子区版の関連リンク

あっとほーむデスク

金沢区・磯子区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 物語でめぐるわが街

    物語でめぐるわが街

    『金澤八景』 田山花袋著(『東京近郊一日の行楽』博文館所収)文・協力/金沢図書館

    5月25日号

  • 六浦津と朝夷奈切通

    金沢区制70周年記念連載 「地元の歴史 振り返る」第4回

    六浦津と朝夷奈切通

    文/NPO法人横濱金澤シティガイド協会本コラムでは2018年に金沢区が区制70周年を迎えるにあたり、シティガイド協会の協力を得て、地元の歴史を振り返る

    5月25日号

  • ゆずの素めぐり

    デビュー 祝 20周年

    ゆずの素めぐり

    磯子区岡村 三殿台遺跡

    5月25日号

金沢区・磯子区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2017年5月25日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク

メール版タウンニュース

ライブカフェミッシェル

タウンニュースホール

ケータイ版タウンニュース

ケータイで左のQRコードを読み取るか以下のURLを入力してください。

http://www.townnews.co.jp/m/