金沢区・磯子区版 掲載号:2017年4月13日号

横浜ジュニアヨットクラブ

3選手が日本代表に スポーツ

セーリングの国際大会へ

(右から)葉山選手、西村選手、宇田川選手の3選手
(右から)葉山選手、西村選手、宇田川選手の3選手
 磯子区を中心に活動する横浜ジュニアヨットクラブ(中川二朗代表)に所属する3選手が、3月18日から21日まで行われたナショナルチーム最終選考会で、セーリングOP(オプティミスト)級(15歳以下)の日本代表入りを果たした。3選手は、日本代表として国際大会に出場する。

 日本代表となったのは、葉山カトル選手(12)(磯子区在住)、宇田川涼太郎選手(13)(港南区在住)、西村拓真選手(12)(神奈川区在住)。

 OP級は、15歳以下を対象とした国際セーリング連盟が認める最も小さいクラスで、毎年世界選手権や大陸選手権が行われている。全長2・31m、幅1・13mのヨットを一人で操縦。強風でも安定性が保たれることから、ヨットの入門艇として知られる。

 3選手は、約150人がエントリーした昨年11月の全日本選手権を突破。4日間、計11レースの得点で争われた最終選考会では、40人中、葉山選手が16位、宇田川選手が19位、西村選手が25位となり、25人の日本代表入りを決めた。全国に約40あるジュニアヨットクラブで、日本代表に3選手以上を輩出したのは、横浜ジュニアを含め2クラブのみだった。

江の島で走り込み

 同ヨットクラブは、大岡川分水路河口の根岸湾で毎週日曜日活動している。3選手は、最終選考会への進出が決まった11月下旬以降、選考会場となる江の島で走り込みを行い、力をつけた。本番では、レース毎に励まし合い3人での代表入りを目指したという。

 「3月の選考会にむけて練習量をこなすことができたのが、今回の好結果につながったのでは」と宇田川智コーチは話す。

 9月下旬から香港で行われるIODAアジア・オセアニア選手権に出場する葉山さんは「江の島での冬のトレーニグで自信をつけることができた。国際大会では自分の力を発揮したい」と意気込む。7月下旬から8月にかけてブルガリアで開催されるIODAヨーロッパ選手権に出場する宇田川、西村両選手は「大会ではトップ50を目指す」と国際大会での活躍を誓う。

 同ヨットクラブは、1974年に中区で創部。95年に磯子区新森町に移転。現在は小学2年生から中学3年生14人が所属している。OB・OGには、リオデジャネイロ五輪代表の土居一斗、愛美兄妹などがいる。

関連記事powered by weblio


金沢区・磯子区版のトップニュース最新6件

福聚院墓苑 限定区画販売

墓石付き墓地98万円~ ☎0120・514・194へ

http://www.514194.co.jp

<PR>

関連記事(ベータ版)

金沢区・磯子区版の関連リンク

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

金沢区・磯子区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 太田道灌と山吹の里伝説

    金沢区制70周年記念連載 「地元の歴史 振り返る」第8回

    太田道灌と山吹の里伝説

    文/NPO法人横濱金澤シティガイド協会本コラムでは2018年に金沢区が区制70周年を迎えるにあたり、シティガイド協会の協力を得て、地元の歴史を振り返る

    7月20日号

  • 物語でめぐるわが街

    物語でめぐるわが街

    『駅伝ランナー』『駅伝ランナー2』『駅伝ランナー3』佐藤いつ子著 角川文庫文・協力/磯子図書館

    7月13日号

  • ゆずの素めぐり

    デビュー 祝 20周年

    ゆずの素めぐり

    磯子区岡村 美とんさくらい

    7月13日号

金沢区・磯子区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2017年7月20日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク

メール版タウンニュース

ライブカフェミッシェル

タウンニュースホール

ケータイ版タウンニュース

ケータイで左のQRコードを読み取るか以下のURLを入力してください。

http://www.townnews.co.jp/m/