金沢区・磯子区版 掲載号:2017年4月13日号
  • googleplus
  • LINE

金沢の竹、優雅な和竿に六浦・伊藤達雄さん

文化

優雅な姿の和竿の前で
優雅な姿の和竿の前で
 金沢区で育った竹に漆を塗り重ね、純金やあこや貝で化粧した和竿――。つくっているのは六浦在住の伊藤達雄さん(76)。50年前から製作を始め、300本以上を手がけてきた。

 「日本の伝統を培う大切さ」に気付いた25歳頃から、漆器にどっぷりはまってきた。「器に入れる料理を知るため、閉店後に板前さんに習ったことも」と笑う。趣味の釣りと漆器がリンクしたのもこの頃。「釣りは本来優雅な遊び。品格や芸術性がないと」。漆塗りの和竿を思い立った。

 ひとつのことを極める性格はここでも。職人の元でつくり方を聞き、分解してみるなど試行錯誤を重ねた。

 もともと「地元の身近なものを使いたい」との思いで金沢自然公園や称名寺の許可を得て竹を伐採していたが、釣り竿に適した素材だと分かるように。「張りがあって強く、しなりが良い」。11月頃に伐採して2、3カ月天日干しした後、10年間は日陰で保存する。曲がったり、虫がついたりするため実際に使える竹はたった1割。火入れをして真っ直ぐに整え、漆を50回60回と重ね塗る根気のいる作業が続いていく。丹精込めた美しさに、釣り場で「譲ってほしい」と頼まれることもあるという。「売り物にはできない。みんなあげてしまった」と謙虚に笑う。

 50年竹と向き合い、学んだことも多い。「陽があたる竹は短く、日陰の竹は長い。欲張らずに共生することを竹に学ばないと」。和竿を通じ「人の在り方」も伝えたいと願う。

金沢区・磯子区版のローカルニュース最新6件

11/22家族葬の個別相談会

知っておきたい最近の葬儀についてご説明いたします

http://www.sougi-itabashi.co.jp/

<PR>

金沢区・磯子区版の関連リンク

あっとほーむデスク

金沢区・磯子区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 枝垂れた葉は裏表が逆になる

    第4回 シダレヤナギ 金子さんの草花の不思議発見

    枝垂れた葉は裏表が逆になる

    文・日本自然保護協会自然観察指導員 金子昇(富岡西在住)

    11月16日号

  • 伊藤博文、野島に別邸を

    金沢区制70周年記念連載 「地元の歴史 振り返る」第15回

    伊藤博文、野島に別邸を

    文/NPO法人横濱金澤シティガイド協会本コラムでは2018年に金沢区が区制70周年を迎えるにあたり、シティガイド協会の協力を得て、地元の歴史を振り返る

    11月16日号

  • ゆずの素めぐり

    デビュー 祝 20周年

    ゆずの素めぐり

    特別編 パシフィコ横浜ライブ  

    11月16日号

金沢区・磯子区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2017年11月16日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク