金沢区・磯子区版 掲載号:2017年4月20日号

大川在住山内さん

「安心の食」カフェで提供 社会

大病経て食生活見直し

真新しい看板を掲げる
真新しい看板を掲げる

 金沢区大川在住の山内麻耶子さん(37)が4月12日、ビーガンカフェ「VEGAN SWEETS & CAFE ASABA」をオープンした。動物性食品を一切摂らないビーガン。4年前に発症した白血病を機に日々の食と向き合い、「子どもが安心して食べられるものを」との思いがカフェという形で実った。

 山内さんが提供するのは、化学調味料や精製された白砂糖、卵、乳製品、肉、魚などを使わない食事や洋菓子。「オーガニックも譲れなかった」。有機農法の農園から仕入れる野菜を中心に、2年前から氷取沢と朝比奈に借りている畑で育てた季節の野菜も取り入れる。看板メニューのケーキは卵や砂糖を使わないため、アレルギーを持つ子どもや乳腺炎を心配する妊婦から開店を待ち望む声も寄せられていたという。「お母さんや小さな子どもに安心して来てほしい」と話す。

「気持ちに張り合い」

 2013年に襲った白血病が、山内さんの生活を一変させた。「糖質や脂質など、治療のために食事が制限された」。食に気を使う生活で気付いたのが、いかに化学調味料を多く摂取していたということ。「無菌室の外に出たら絶対に食べない」と誓い、7回の入退院を1年ほど繰り返した。

 闘病生活のなか、調子が良くなれば味噌や梅干し、ビーガンケーキなどを一から作るように。長女が通うアート教室「アサバ・アートスクエア」(金沢区金沢)併設のカフェで、週1度ほどケーキを焼き始めた。「何もできない時に『できる範囲で』と言ってもらえ、気持ちに張り合いができた」。やがて子どものアレルギーで悩む母親の間で評判に。「食べてくれる人がいるなら」と一念発起し、ナチュラルフードコーディネーターの資格も取得した。

家族の応援 力に

 昨年6月には抗がん剤治療を終了。その数カ月後にカフェが閉店すると知り、「いつかは自分の店を」と抱いていた夢をその跡地で実現させた。背中を押したのは、「やってごらん」と店を託してくれたカフェの元仲間や家族。「現在15歳の長女は家事全般を引き受け、下の2人は食べて応援」と笑う。13歳の長男は、薬の副作用であいまいになった舌がわり。「味覚が良く、おいしいと言ったものは間違いない」と信頼を寄せる。

 将来は敷地内に畑を設けることが目標。無農薬の野菜を育て、食べる体験を子どもに提供したい。「生きているのが不思議。やり残しのないよう1日でも長く生きたい」と素直な気持ちを話す。「自分が救われたように、不登校や育児で行き詰る人など悩みを持つ皆が集まる場になれば嬉しい」
 

関連記事powered by weblio


<PR>

金沢区・磯子区版のトップニュース最新6件

福聚院墓苑 限定区画販売

墓石付き墓地98万円~ ☎0120・514・194へ

http://www.514194.co.jp

<PR>

関連記事(ベータ版)

金沢区・磯子区版の関連リンク

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

金沢区・磯子区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 太田道灌と山吹の里伝説

    金沢区制70周年記念連載 「地元の歴史 振り返る」第8回

    太田道灌と山吹の里伝説

    文/NPO法人横濱金澤シティガイド協会本コラムでは2018年に金沢区が区制70周年を迎えるにあたり、シティガイド協会の協力を得て、地元の歴史を振り返る

    7月20日号

  • 物語でめぐるわが街

    物語でめぐるわが街

    『駅伝ランナー』『駅伝ランナー2』『駅伝ランナー3』佐藤いつ子著 角川文庫文・協力/磯子図書館

    7月13日号

  • ゆずの素めぐり

    デビュー 祝 20周年

    ゆずの素めぐり

    磯子区岡村 美とんさくらい

    7月13日号

金沢区・磯子区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2017年7月20日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク

メール版タウンニュース

ライブカフェミッシェル

タウンニュースホール

ケータイ版タウンニュース

ケータイで左のQRコードを読み取るか以下のURLを入力してください。

http://www.townnews.co.jp/m/