金沢区・磯子区版 掲載号:2017年4月27日号
  • googleplus
  • LINE

子ども食堂「すくすく」を立ち上げ、4月から毎月第一土曜に開催している加々美 マリ子さん釜利谷南在住 59歳

笑顔に満ちて”すくすく”育て

 ○…お腹も心も満たされる子ども食堂に――。10年ほど前から抱いていた思いを実現させた。「家や学校にはない、少しでもほっとできる居場所を求めている子がいる」。”すくすく”大きくなるよう願いをこめ3月にプレオープン。毎月第一土曜に開く予定だが、まだ船出したばかり。地域をまわって足で稼いだ食材の寄付や人材でまかなう。「月1度では居場所にならない。目指すのは子どもシェルター」。情熱が突き動かす。

 ○…川崎市生まれ。市の子供会などの礎を築いた父は、地域のために全てを注ぐ人だった。「人に尽くすことが当たり前。父の姿を真似しているのかな」と笑う。結婚を機に横浜へ。長男が中学に入学すると生活が一変する。いじめによる不登校。ストレスの矛先は2人の弟妹に向かった。「家庭崩壊。藁にもすがる思いで訪れたのがフリースペース」。週のたった2時間が救いだった。「一週間分の元気をもらった。家で笑顔になれない子どもがひと息つける、我が家の居場所」。思い出すと決まって涙が溢れる。同じ境遇の人と話すことで自身も救われてきた。

 ○…「幼少期は環境でいろんな色に染まる」。人との関わりがいかに大切か、良いも悪いも子どもを通して経験した。辛い時期に長女の癒しとなった合唱は、地域の大人と触れ合う中で見つけたものだった。”支える側”に立ったのは、母子支援の仕事に出会ってから。有志が取り組む土曜学校”わんぱく土曜塾”にも参加し、9年前から代表に。「遊びだけでない、必要な体験をさせてあげたい」。卒業生の「ありがとう」にまた泣けてくる。「喜びが原動力」

 ○…すくすくの舞台は終業後のデイサービス。地域ぐるみの場づくりを目指す。「経験が役立てば」。いずれは料理も教えてみたい。「家で作れば褒められるかもしれない。喜びは必要」。ありったけの愛情を注ぎ、笑顔の子を増やしたい。「だって子どもの仕事って遊んで笑うことじゃない」

金沢区・磯子区版の人物風土記最新6件

一井 隆祐さん

県大会を制したミニバスケットボールチーム「汐見台ポシブル」のヘッドコーチを務める

一井 隆祐さん

11月16日号

菅原 清男さん

県少女ソフトボール秋季大会を制した小学生選抜チーム「横浜女子スターズ」の代表を務める

菅原 清男さん

11月9日号

戸塚 泰輔さん

横浜南部市場大感謝祭実行委員会の委員長を務める

戸塚 泰輔さん

11月2日号

鈴木 聡さん

関東学院大学硬式野球部の監督で神奈川大学野球連盟秋季リーグを制した

鈴木 聡さん

10月26日号

本多 竜太さん

金沢産業振興センターで10月14日行われたAozora Factoryの運営委員会委員長を務める

本多 竜太さん

10月19日号

安次嶺(あしみね) 徹さん

10月8日に10周年記念コンサートを開催したイマージュISOGOの代表を務める

安次嶺(あしみね) 徹さん

10月12日号

金沢区・磯子区版の関連リンク

あっとほーむデスク

金沢区・磯子区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 枝垂れた葉は裏表が逆になる

    第4回 シダレヤナギ 金子さんの草花の不思議発見

    枝垂れた葉は裏表が逆になる

    文・日本自然保護協会自然観察指導員 金子昇(富岡西在住)

    11月16日号

  • 伊藤博文、野島に別邸を

    金沢区制70周年記念連載 「地元の歴史 振り返る」第15回

    伊藤博文、野島に別邸を

    文/NPO法人横濱金澤シティガイド協会本コラムでは2018年に金沢区が区制70周年を迎えるにあたり、シティガイド協会の協力を得て、地元の歴史を振り返る

    11月16日号

  • ゆずの素めぐり

    デビュー 祝 20周年

    ゆずの素めぐり

    特別編 パシフィコ横浜ライブ  

    11月16日号

金沢区・磯子区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2017年11月16日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク