金沢区・磯子区版 掲載号:2017年5月18日号

今年度の横浜観光親善大使に選ばれ、街の魅力を発信する

蛯原 直美さん

金沢区在住 25歳

あふれる好奇心で前進

 ○…人を喜ばせる仕事が好きで、これまでの経験が生かせて、キャリアアップになる。そして何より「横浜が大好き」――すべてがぴったりとハマり、惚れ込んで応募した「横浜観光親善大使」。「SNSなどを使った新しい取り組みも積極的にやっていきたい」と意欲を見せる。「(自身が勤める)シーパラも横浜の魅力の一つ。会社にも貢献できれば」と目を輝かせる。

 ○…「人と動物はしゃべることができないのに、すごい」――。品川水族館で見たドルフィンショーに感動し、”イルカのおねえさんになる”と宣言したのは、4歳の時。以来、「もう少し他に目を向けてもいいのでは」と両親が心配するほど、一途に夢を追ってきた。ウェットスーツをきて6m潜る技術が必要と知れば、水が嫌いで苦手だった水泳を特訓し克服。高校卒業後は、ドルフィントレーナー専攻のある専門学校へ進学し、一歩一歩確実に夢に向かって前進してきた。

 ○…だが、念願叶いシーパラに入社したものの、「向いていないかも」と思い悩む時期も。動物の死に立ち会うたび、「もう少し何かできたのでは」と自問した。頭数が多く、繁殖に力をいれるシーパラは、「生と死がすごく近い場所」。新しい命との出会いが「今度はこの子を守らないと」という使命感と前進する力を与えてくれた。落ち込んでいるひまはない。後悔しないよう「自分ができることは、全力で」と心に誓う。

 ○…「体力には自信があるんです」とにっこり。仕事と親善大使の両立にも不安はない。シフトを融通してくれるなど、会社も全面的にバックアップしてくれるという。金沢区のお気に入りの場所は称名寺。「横浜は都市だけど、緑が多く海や山など自然が豊か。特に写真映えする街なので、インスタグラムで発信できれば」。国際的イベントも多いため、「英語を磨いていきたい」とも。溢れる好奇心と行動力で、未来を切り拓いていく。

<PR>

金沢区・磯子区版の人物風土記最新6件

加々美 マリ子さん

子ども食堂「すくすく」を立ち上げ、4月から毎月第一土曜に開催している

加々美 マリ子さん

4月27日号

伊藤 有壱さん

「全国都市緑化よこはまフェア」のシンボルキャラ「ガーデンベア」をデザインした

伊藤 有壱さん

4月20日号

茂山 瑶(ひかり)さん

5月2日に杉田劇場でピアノリサイタルを開催する

茂山 瑶(ひかり)さん

4月13日号

幸野 ゆりあさん

4月8日(土)に2代目シーサイドラインプロモーションガールに就任する

幸野 ゆりあさん

4月6日号

榊 剛史さん

3月から定期開催となった「関内駅チカアート市」を主宰する

榊 剛史さん

3月23日号

加村 由雄さん

フォーラムKANAZAWAを主催する金沢区生涯学習交流会実行委員会の代表を務める

加村 由雄さん

3月16日号

関連記事(ベータ版)

金沢区・磯子区版の関連リンク

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

金沢区・磯子区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 金沢文庫、称名寺と北条実時

    金沢区制70周年記念連載 「地元の歴史 振り返る」第3回

    金沢文庫、称名寺と北条実時

    文/NPO法人横濱金澤シティガイド協会本コラムでは2018年に金沢区が区制70周年を迎えるにあたり、シティガイド協会の協力を得て、地元の歴史を振り返る

    5月18日号

金沢区・磯子区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2017年5月18日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク

メール版タウンニュース

ライブカフェミッシェル

タウンニュースホール

ケータイ版タウンニュース

ケータイで左のQRコードを読み取るか以下のURLを入力してください。

http://www.townnews.co.jp/m/