金沢区・磯子区版 掲載号:2017年7月13日号

横浜市大

ビールで「麦の魅力」発信 文化

県内企業と協力し製造

木原研究所の麦畑と坂教授
木原研究所の麦畑と坂教授
 横浜市立大学木原生物学研究所(戸塚区)で栽培された大麦を使用したクラフトビール「KORN(コルン)MUTTER(ムッター)麦畑の精霊」が、5月に販売された。使用しているのは、同研究所が育てた「ミカモゴールデン」という品種の大麦。クラフトビール製造会社のサンクトガーレン有限会社(厚木市)で製造された。

 地域と交流しながらビールをつくることで、麦の魅力や大学の魅力を発信しようと始まったこのプロジェクト。かつて横浜は「相州小麦」の産地として栄えていたという歴史的な背景もふまえ、「横浜産の麦の復活」も狙っている。

 ビールの名称は、ドイツの民間信仰に由来した。現地では精霊コルンムッター(麦の母)が、受粉を助ける風を送るといわれているという。そんな不思議な力を感じさせる「麦」の魅力を熱く語るのが、ビール造りに携わった同研究所の坂(ばん)智広教授。「四大文明が生まれた背景にも、小麦の力が大きかった」と坂教授。小麦の栽培のために灌漑技術が発展し、さらに小麦の交換によって社会のルールや価値の概念、文字の発明にもつながったという。「このビールを飲みながら、麦の歴史や可能性に思いを馳せてほしい」と話した。

八景サンクスで販売

 このビールを県内で唯一、店舗置きで販売しているのが、金沢八景駅近くのサークルKサンクス金沢八景駅前店(瀬戸)だ。もともと”酒屋化計画”を掲げるほど、クラフトビールの販売に力をいれていた同店。「八景近隣に横浜市大がある縁で、販売することになった。いい化学変化が起こるのでは」と話す。クラフトビールでありながら、クセは少なめで幅広い層が楽しめるビールだとも。「おいしいと思ったから置いている。ぜひ試してみて」

関連記事powered by weblio


9/26家族葬の個別相談会

知っておきたい最近の葬儀についてご説明いたします

http://www.sougi-itabashi.co.jp/

<PR>

金沢区・磯子区版のローカルニュース最新6件

45年ぶり花電車が復活

100歳の長寿を祝う

50代からのパソコン教室

いちから始める

50代からのパソコン教室

9月21日号

カナカツ秋の美術展

七カ町の神輿、一堂に

富岡八幡宮秋季大祭

七カ町の神輿、一堂に

9月21日号

IR誘致「時間かけて検証」

<PR>

金沢区・磯子区版の関連リンク

あっとほーむデスク

金沢区・磯子区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 歌川広重、金沢八景を画く

    金沢区制70周年記念連載 「地元の歴史 振り返る」第12回

    歌川広重、金沢八景を画く

    文/NPO法人横濱金澤シティガイド協会本コラムでは2018年に金沢区が区制70周年を迎えるにあたり、シティガイド協会の協力を得て、地元の歴史を振り返る

    9月21日号

  • 葉の模様は誰のしわざ?

    第1回 絵描き虫 金子さんの草花の不思議発見

    葉の模様は誰のしわざ?

    文・日本自然保護協会自然観察指導員 金子昇(富岡西在住)

    9月14日号

  • 物語でめぐるわが街

    物語でめぐるわが街

    『ビブリア古書堂の事件手帖5』著・三上延 KADOKAWA文・協力/磯子図書館

    9月14日号

金沢区・磯子区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2017年9月21日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク