金沢区・磯子区版 掲載号:2017年7月13日号
  • googleplus
  • LINE

デビュー 祝 20周年ゆずの素めぐり磯子区岡村 美とんさくらい

 横浜が生んだアーティストゆず。始まりの場所をめぐり、彼らのわだちを辿ります。嗚呼、青春の日々を過ごしたふるさとにゴーイングホーム。

 「岡村にきた記念とゆず聖地巡りのエネルギー補給になれば」と通称”ゆずっこメニュー”を提供するのがここ、とんかつ屋「美とんさくらい」。20周年を記念して7月から、ゆずが香る名物・釜焼きチーズチキンかつや一口ヒレかつ、肉団子のワンプレートに、ゆずモチーフの豆腐デザートを付けた特別メニューを、期間限定で提供している。

 「オンリーワンのとんかつを横浜から発信したい」と並々ならぬ熱意を語るのは、美とんさくらいの会長、堀内強美さん。全国からくるゆずっこ(ファン)をわが子のように温かくもてなし、ついたあだ名は「横浜のお父さん」。ゆずが好きなのはもちろん、はるばる岡村まで来てくれるゆずっこの気持ちが嬉しいのだとか。今では元気な姿で店に立つが、数年前に余命告知を受けるほどの大病を患ったことも。多くの人の応援歌になっている『栄光の架橋』は自身にとっても、特別な一曲だという。

 ちなみに、普段は手作りハム工房にいる息子の健一社長のトレードマークは頭に巻いたタオル。「最初にゆずファンになったのは息子。路上時代の厚ちゃんの真似して巻いていたのが定番になった」とは会長談。店内にはゆずのお宝グッズだけでなく、堀内会長の幅広い人脈がみてとれる某有名人たちのサインがずらり。「ゆずっこなんです」を合言葉に、会長の軽快トークがはじまること請け合い。元気がもらえるスポットだ。
 

金沢区・磯子区版のコラム最新6件

人々を魅了した別荘地・富岡

金沢区制70周年記念連載 「地元の歴史 振り返る」第16回

人々を魅了した別荘地・富岡

11月23日号

ゆずの素めぐり

デビュー 祝 20周年

ゆずの素めぐり

11月16日号

伊藤博文、野島に別邸を

金沢区制70周年記念連載 「地元の歴史 振り返る」第15回

伊藤博文、野島に別邸を

11月16日号

枝垂れた葉は裏表が逆になる

第4回 シダレヤナギ 金子さんの草花の不思議発見

枝垂れた葉は裏表が逆になる

11月16日号

物語でめぐるわが街

著・寺田透 河出書房新書

物語でめぐるわが街

11月9日号

黒船ペリー来航、小柴沖に

金沢区制70周年記念連載 「地元の歴史 振り返る」第14回

黒船ペリー来航、小柴沖に

10月26日号

金沢区・磯子区版の関連リンク

あっとほーむデスク

金沢区・磯子区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

盲目歌手 新垣さん出演

チャリティーコンサート

盲目歌手 新垣さん出演

12月16日 磯子公会堂で

12月16日~12月16日

金沢区・磯子区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 人々を魅了した別荘地・富岡

    金沢区制70周年記念連載 「地元の歴史 振り返る」第16回

    人々を魅了した別荘地・富岡

    文/NPO法人横濱金澤シティガイド協会本コラムでは2018年に金沢区が区制70周年を迎えるにあたり、シティガイド協会の協力を得て、地元の歴史を振り返る

    11月23日号

  • 枝垂れた葉は裏表が逆になる

    第4回 シダレヤナギ 金子さんの草花の不思議発見

    枝垂れた葉は裏表が逆になる

    文・日本自然保護協会自然観察指導員 金子昇(富岡西在住)

    11月16日号

  • 伊藤博文、野島に別邸を

    金沢区制70周年記念連載 「地元の歴史 振り返る」第15回

    伊藤博文、野島に別邸を

    文/NPO法人横濱金澤シティガイド協会本コラムでは2018年に金沢区が区制70周年を迎えるにあたり、シティガイド協会の協力を得て、地元の歴史を振り返る

    11月16日号

金沢区・磯子区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2017年11月23日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク