金沢区・磯子区版 掲載号:2017年8月3日号
  • googleplus
  • LINE

県高校野球

横浜、連覇で甲子園へ スポーツ

ライバル東海大相模下す

優勝を決め喜びを爆発させる横浜高校ナイン
優勝を決め喜びを爆発させる横浜高校ナイン
 第99回全国高等学校野球選手権神奈川大会の決勝が7月29日、横浜スタジアムで行われ、横浜高校(金沢区能見台通)は東海大相模を9対3で下し、2年連続17度目の優勝を果たした。甲子園では、昨年の「先輩越え」を目標に全国制覇に挑む。

3年生がチームけん引

 登録メンバー20人のうち、3年生が6人と下級生中心の若いチームで、決勝は3年生が活躍した。1回表にタイムリーエラーで1点を先制される嫌な流れを断ち切ったのが4番増田珠(しゅう)選手(3年)。その裏、すぐに左前適時打で同点とすると、3回には1大会5本塁打の大会タイ記録で4試合連続の新記録となるソロホームランを放つ。「下級生が多いチームで3年生が引っ張らないと」との思いで、チームに勢いをつけた。さらに金沢中出身の市村拓巳選手(3年)が2ランを放ちリードを広げ、守っては、2年生エースの板川佳矢選手、福永奨主将(3年)のバッテリーを中心に東海大相模の反撃をおさえライバル対決を制した。

 「東海大相模に勝って甲子園に行きたい思いは強かった」と福永主将。市村選手は「秋、春と勝ちきれなかった。夏は絶対に優勝したかった」と喜びを語った。

全員が一つに

 大会前、平田徹監督が「発展途上」と話したチームは、勝ち進む中で成長した。監督から自立や主体性が求められる中、選手たちは福永主将を中心にミーティングを重ね一体感を強くしてきた。平田監督は「大会を通してチームワークが優れていた。全員が一つになって戦っていた」と評価した。

 8月7日(月)に開幕する全国大会では「昨年超え」を誓う。昨年も甲子園でプレーした福永主将は「目標は全国制覇だが、まずは昨年の2回戦を突破したい」と一戦必勝を期する。神奈川県代表として188チームの思いを背負い”名門・横浜”が甲子園の土を踏む。

関連記事powered by weblio


金沢区・磯子区版のトップニュース最新6件

利用率わずか3%

感震ブレーカー設置助成

利用率わずか3%

10月19日号

大明交通に託児所新設

横浜無線グループ

大明交通に託児所新設

10月19日号

CO2削減 達成困難

3R夢プラン

CO2削減 達成困難

10月12日号

「SOSボタン」を全戸配布

磯子区上中里団地

「SOSボタン」を全戸配布

10月12日号

「特養倍増」など盛り込む

18年度重点施策

「特養倍増」など盛り込む

10月5日号

独自技術伝えるWS(ワークショップ)に

AozoraFactory

独自技術伝えるWS(ワークショップ)に

10月5日号

金沢区・磯子区版の関連リンク

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

金沢区・磯子区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 奇妙な形をした果実

    第3回 アオギリとボダイジュ 金子さんの草花の不思議発見

    奇妙な形をした果実

    文・日本自然保護協会自然観察指導員 金子昇(富岡西在住)

    10月19日号

  • 奇妙な形をした果実

    第3回 アオギリとボダイジュ 金子さんの草花の不思議発見

    奇妙な形をした果実

    文・日本自然保護協会自然観察指導員 金子昇(富岡西在住)

    10月19日号

  • 物語でめぐるわが街

    物語でめぐるわが街

    『弩(ど)』著・下川博 講談社文庫文・協力/金沢図書館

    10月12日号

金沢区・磯子区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2017年10月19日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク