金沢区・磯子区版 掲載号:2017年9月21日号
  • googleplus
  • LINE

金沢初のビールフェスタ 地元名産品も多数出展

社会

 金沢区初のビールと食の祭典「横浜金沢クラフトビールandグルメフェスタ2017」が10月7日(土)・8日(日)・9日(祝)、横浜・八景島シーパラダイスで開催される。地元ブリュワリーはもちろん日本全国から集まった約50種の地ビールが楽しめる。

 昨年、金沢区内で2つの店舗が相次いでクラフトビールの醸造を始めた。そのうちの一つ、能見台の横濱金澤ブリュワリーの藤井秀人社長=人物風土記で紹介=は昨秋、地方で開催されたビールフェスタに参加し、「地元でもやりたい」との思いを強め横浜金沢観光協会に相談。横浜八景島や横浜シーサイドラインの協力を得て、とんとん拍子に開催が決定した。さらに、区制70周年記念プレ事業としても認定された。

 コンセプトは「横浜金沢の地産地消の応援」。藤井さんは、醸造仲間やイベントで知り合ったブリュワリーに声をかけ、出展者を集めた。「現地に行かないと飲めない小さなブリュワリーばかりなので、それぞれ楽しめるのでは」と話す。ビール10枚チケットの前売りは3千円(当日は3千5百円)。

 フードも金沢色が満載。地元の人気店舗や地元食材を使ったメニューが並ぶ。また、サンマの振る舞いや関東学院大学学生のワークショップ「クラフトビールのカップから発電して、わたあめを作ってみよう」、地元アーティストらがライブやパフォーマンスを披露するステージなども。

 詳細は【電話】045・780・3431(横浜金沢観光協会内)へ。

地元企業 チャンスの場に

 「金沢区に2つのブリュワリーがなければ、このフェスタはなかった」と話すのは、横浜八景島の布留川信行社長。金沢の地産地消を応援するという趣旨に賛同し、開催地として同フェスタの主催に名乗りをあげた。開催日の3日間は区民感謝デーとなる。「クラフトビールは比較的小さな資本ででき、食への思いが強い人が多い。ビールを芽生えの種として、仲間が集まり連鎖がつながって、地域おこしになる可能性はすごくある」。醸造者だけでなく、生産者や飲食店など地元企業のチャンスの場になればと願う。

 金沢区は環境に恵まれている一方、若い人口が減りシャッター商店が増えている。布留川社長は「地域の元気や活力を作るためには、金沢区で働いたり、起業できたりする場が必要」と指摘。そのために、「地域に新事業を起こしていくことはすごく良い。来年も開催し、文化として根付くよう応援したい」と話した。

布留川社長
布留川社長

<PR>

金沢区・磯子区版のトップニュース最新6件

金沢区・磯子区版の関連リンク

あっとほーむデスク

金沢区・磯子区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

権現山で紅葉狩り

権現山で紅葉狩り

12月21日、参加者募集

12月21日~12月21日

金沢区・磯子区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • ゆずの素めぐり

    デビュー 祝 20周年

    ゆずの素めぐり

    磯子区岡村 岡村中学校

    12月14日号

  • この種、何に似ている?

    第6回 アオツヅラフジ 金子さんの草花の不思議発見

    この種、何に似ている?

    文・日本自然保護協会自然観察指導員 金子昇(富岡西在住)

    12月14日号

  • 物語でめぐるわが街

    著・竹中直人 角川書店(のち「直人の素敵な小箱」と改題し文庫化)

    物語でめぐるわが街

    文・協力/金沢図書館『月夜の蟹』

    12月7日号

金沢区・磯子区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2017年12月14日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク