金沢区・磯子区版 掲載号:2017年12月7日号
  • googleplus
  • LINE

横浜市就学援助制度 「入学準備費」支給前倒しか 小・中共に3月で検討

教育

 子どもを小・中学校へ通学させるのに経済的な理由で困っている人に対し各種費用を援助する「就学援助制度」。横浜市はこのうち、入学準備費について小・中学校ともに入学前の3月支給に向け、検討を進めている。

対象は低所得家庭

 就学援助制度は、すべての子どもに義務教育を保障するための制度で、横浜市では条例に基づいて支給している。援助を受けられるのは、生活保護を受けている人などのほか、同一生計の家族全体の収入が限度額以下にある家庭だ。

 援助の種類は、学用品費、入学準備費、宿泊を伴う校外活動費、修学旅行費、クラブ活動費などがあり、いずれも入学後に申請し、審査認定の後、7月下旬以降に支給されている。

 しかし、このうち入学準備費(小学校4万600円、中学校4万7400円)は、入学のための経費負担が経済的に困窮状態にある家庭にとっては大きな負担となることから、入学前の支給へと時期を前倒しすることを求める声が上がっていた。

 横浜市は、入学準備費の柔軟な運用を求める文科省の通知、全国的な状況、市民の声などを総合的に勘案し、経済的に困っている家庭に対して入学前支給をするよう、今年に入ってから検討を始めていた。

課題も山積み

 就学援助制度自体は、学齢児童が対象で、前倒し支給には課題も多い。中学校入学時の場合は、小学校6年時の就学援助認定をそのまま適用する制度に改正することで可能になる。

 一方、小学校入学時の場合、援助認定には保護者らの所得状況を入学前に把握しなければならない。必要な個人情報の確認方法、制度と申請時期の周知と方法変更、関連するシステムの改修や条例の改正など課題山積みだ。加えて、例えば年度替わり前後の転出入者への対応などあらゆるケースを想定した対応も必要だ。

中学で先行実施

 9月と10月の市議会で岡田優子教育長は「まず中学校入学準備費については今年度の支給ができるようにしたい」と答弁。また、小学校の入学準備費について「18年度は現行より少しでも早い時期に支給できるよう取り組み、19年度については入学前に支給できるよう制度を改正し、制度の周知を徹底したい」と述べ、具体的な検討に入っていることを示した。市担当課は「必要な援助を適切な時期にということだが、様ざまな課題が残っている」と説明。泉区民児協の元会長の男性は「なかなか声を上げにくい問題でもあり、制度の周知徹底が大切になってくるのでは」と話している。

金沢区・磯子区版のトップニュース最新6件

かなしん自費出版大賞に

片吹在住堀切さん

かなしん自費出版大賞に

12月7日号

中高生の活動拠点開所

磯子区

中高生の活動拠点開所

11月30日号

金沢中が初優勝

バドミントン県大会新人戦

金沢中が初優勝

11月30日号

支援実り被災地商店街再開

プララ杉田専門店会ら

支援実り被災地商店街再開

11月23日号

女性・学生取り込みに活路

市消防団員

女性・学生取り込みに活路

11月23日号

金沢の仏画・史跡、市文化財に

ホテルプラムクリスマスディナー

12月17日㈰IKKO、24日㈰夏川りみ開催。上質な洗練された美食と共に

http://www.hotel-plumm.jp/

<PR>

金沢区・磯子区版の関連リンク

あっとほーむデスク

金沢区・磯子区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

権現山で紅葉狩り

権現山で紅葉狩り

12月21日、参加者募集

12月21日~12月21日

金沢区・磯子区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 物語でめぐるわが街

    著・竹中直人 角川書店(のち「直人の素敵な小箱」と改題し文庫化)

    物語でめぐるわが街

    文・協力/金沢図書館『月夜の蟹』

    12月7日号

  • 県立金沢文庫と大橋新太郎

    金沢区制70周年記念連載 「地元の歴史 振り返る」第17回

    県立金沢文庫と大橋新太郎

    文/NPO法人横濱金澤シティガイド協会本コラムでは2018年に金沢区が区制70周年を迎えるにあたり、シティガイド協会の協力を得て、地元の歴史を振り返る

    12月7日号

  • ゆずの素めぐり

    デビュー 祝 20周年

    ゆずの素めぐり

    中区 横浜みなとみらい万葉倶楽部

    12月7日号

金沢区・磯子区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2017年12月7日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク