金沢区・磯子区版

かなざわの名刹の記事一覧

  • かなざわの名刹

    記者が訪ねる

    かなざわの名刹

    第24回此木山(しもくざん)西方寺 寶蔵院(ほうぞういん)

     漁師町として発展してきた柴町。その中心、東京湾を見下ろす高台に位置する。 江戸時代に火災に見舞われたため、この寺の創建を伝えるものはな...(続きを読む)

  • かなざわの名刹

    記者が訪ねる

    かなざわの名刹

    第23回 嗣法(しほう)山 伝心寺

     1247(宝治元)年、時の執権・北条時頼によって開基された。この年の夏から翌年春にかけて、宗祖・道元が説法をしたという記録も残っている。...(続きを読む)

  • かなざわの名刹

    記者が訪ねる

    かなざわの名刹

    第22回 法爾(ほうに)山 天然寺

     国道16号の旧道沿いを歩くと、民家の脇にその参道が現れる。山門をくぐると、境内の静けさに驚く。 創建は天文年間(1540年ごろ)。鎌倉...(続きを読む)

  • かなざわの名刹

    記者が訪ねる

    かなざわの名刹

    第21回 福船山 安立寺

     毎年8月16日に行われる「灯篭(とうろう)流し」。寺を出た行列は、町屋の街を通りぬけ、野島運河の河口へ。いくつもの灯篭が、金沢の海へ放たれる。海難者や魚の供養...(続きを読む)

  • かなざわの名刹

    記者が訪ねる

    かなざわの名刹

    第20回 知足山龍華(りゅうげ)寺

     洲崎町のまちなかに位置するこの寺は、「準別格本山」の名を背負う。そのルーツは、1189(文治5)年に六浦で創建された「浄願寺」。のちに火災に遭い、金...(続きを読む)

  • かなざわの名刹

    記者が訪ねる

    かなざわの名刹

    第19回 野島山染王(ぜんのう)寺

     野島山のふもと、住宅地の一角にあるこの寺。山門に刻まれた「王」の字が印象的だ。表通りの喧騒からも離れ、境内ではゆったりとした時間が流れる。...(続きを読む)

  • かなざわの名刹

    記者が訪ねる

    かなざわの名刹

    第18回 昇天山 金龍禅院

     いまの金沢八景駅南西側にあった「能仁寺」(廃寺)がこの寺のルーツ。関東管領・上杉憲方が永徳年間(1380〜84年頃)に開いたとされ、その塔頭(たっち...(続きを読む)

  • かなざわの名刹

    記者が訪ねる

    かなざわの名刹

    第17回 吼月山 泥牛庵(でいぎゅうあん)

     一風変わった寺号の由来は、禅語にしばしば登場する「泥牛」という言葉。泥は煩悩、牛は仏にたとえられ、煩悩にとらわれぬ境地で悟りを得ることを意味する。開...(続きを読む)

  • かなざわの名刹

    記者が訪ねる

    かなざわの名刹

    第16回 高栄山宝樹院

     大道小学校の奥、急な階段を上りきった丘に、この寺は立つ。かつて三艘(さんぞう)(現六浦南)にあったが、火災で焼失し、江戸時代の初めに大道に移ったとい...(続きを読む)

  • 1

9/26家族葬の個別相談会

知っておきたい最近の葬儀についてご説明いたします

http://www.sougi-itabashi.co.jp/

<PR>

最近よく読まれている記事

<PR>

金沢区・磯子区版の関連リンク

あっとほーむデスク

金沢区・磯子区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年9月21日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク