港南区版 掲載号:2011年12月22日号

新人議員による市政報告【6】

「不育症」の治療を支援

公明党横浜市会議員団 安西ひでとし

 公明党横浜市会議員団は「不育症」治療の支援について検討をしています。

 不育症とは妊娠はするが流産や死産、新生児死亡などを繰り返し、子どもを持てない症状のこと。2回続けて流産等があれば不育症と診断しますが、妊婦の2%から5%程度と推測され、横浜市でも多数の患者がいると想定されています。

相談窓口設置へ

 この不育症ですが、適切な治療を受ければ最終的には約80%の妊婦が出産可能です。そのため、我が党は一貫して市に支援策を要望してきました。

 9月には竹内康洋市議が、12月には尾崎太市議が不育症について市会で一般質問をし、助成や、患者への精神的支援を目的とした支援策について尋ねました。その結果、林市長は助産師などによる相談窓口を各区の福祉保健センターに設置することや、専門医による相談体制についても調整すると明言しました。

 また、人によっては通常の分娩費用の2倍以上の費用がかかるケースもあり、赤ちゃんを諦めるケースがあると聞いていますが、9月には有効な治療薬「ヘパリンカルシウム注射薬」が保険適用となり、費用負担が軽減されるなど、患者への支援も広がってきました。

横浜市は助成なし

 現在、横浜市には不育症治療の助成はありません。一方、全国的に見れば助成を行う自治体も増えてきており、近隣では大和市が少子化対策の一環として今年10月から不育症治療にかかった保険外診療に対して2分の1、上限30万円までの助成を始めています。

少子化対策として

 大和市の助成制度は公明党の市議会議員が質問したことがきっかけに始まりました。公明党横浜市会議員団として、横浜市が不育症治療の助成を行うように今後も働きかけ、患者に対しては全般的なケアをすべきと考えています。産みたくても産めない人に目を向け、また、少子化対策としても強く推進していきます。
 

安西英俊市会議員

TEL:045-671-3023

http://www.komei.or.jp/km/yokohama-anzai-hidetoshi/

港南区版の意見広告・議会報告最新6件

プラスαの魅力で「横浜型IR」

市会議員 たのい一雄 市政報告

プラスαの魅力で「横浜型IR」

1月19日号

未来に責任この国を前に進める

国・県・市で連携し重要政策の立案、実現へ

今年は横浜発展の好機

自民党 市会議員 たのい一雄

今年は横浜発展の好機

1月1日号

断固として県民の安全安心を

自民党  県議会議員 桐生ひであき

断固として県民の安全安心を

1月1日号

地域の視点で防災・減災を

自民党 市会議員 せのま康浩

地域の視点で防災・減災を

1月1日号

関連記事(ベータ版)

港南区版の関連リンク

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

港南区・栄区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年8月17日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク

メール版タウンニュース

ライブカフェミッシェル

タウンニュースホール

ケータイ版タウンニュース

ケータイで左のQRコードを読み取るか以下のURLを入力してください。

http://www.townnews.co.jp/m/