港南区版 掲載号:2012年1月1日号

公明党港南支部

現場の声を今年も政治に反映!

県議会議員 高橋稔 市会議員 安西英俊

 年頭にあたり、公明党港南支部に対する日頃のご支援に厚く感謝申し上げます。

 私たちは安全安心の社会のため、現場の声を県政・市政に反映させていきます。

高橋稔県議

 私は12月1日の県議会本会議で党県議団を代表し、黒岩知事に質問しました。

 県の総合計画やエネルギー政策、地域医療、国際政策など県政全般について見解を質しました。

 特に障がい者の地域生活支援策については、11月に実施した障害者団体との意見交換をどのように施策に反映していくか、さらに重度障害者医療費助成制度の方向性についても踏み込みました。知事は相談支援に携わる専門的な人材の育成、重度障害者医療費助成制度は精神障がい者まで拡大する方向で協議すると前向きな答弁をしました。

 また、認知症についての質問では、二次医療圏ごとに認知症疾患医療センターの設置、男性介護者による認知症サポーターを拡充すると答えました。一方、港南区内では、芹が谷の精神医療センター総合整備計画について質問しました。計画では芹香病院とせりがや病院の統合による効率化を図りながら、急性期医療の充実や思春期医療、医療観察法医療、うつ病に対応するストレスケア専門外来の設置など民間病院では難しい医療も県として支援していくとの答弁を得ました。

安西英俊市議

 2010年の国勢調査によると、港南区の65歳以上人口は4万9132人、区内人口の22・2%を占めるなど高齢化が進んでいます。

 また、一人暮らし高齢者も増えていますが、これは近親者の支えや介護の支援がない人が増えているということです。この問題には新たな行政サービスを提供していく必要があります。

 そんな状況の中で、福祉保健活動の拠点となる芹が谷地域ケアプラザが1月24日に開所。公明党として08年から予算要望してきましたので、うれしいニュースです。また、日限山地域ケアプラザに関しても、早期建設を要望しています。

 一方、子育ての分野では、待機児童対策を進めます。待機児童は11年10月時点で前年比107人減となっていますが、利便性の高い、上大岡・港南台の両駅周辺で新規整備や定員増に向けて取り組みます。また、中学校昼食の充実に向けた取り組みを要望していきます。
 

公明党港南支部

公明党神奈川県本部

TEL:045-201-3531
FAX:045-212-3810

http://www.komei-kanagawa.com/

<PR>

港南区版の意見広告・議会報告最新6件

プラスαの魅力で「横浜型IR」

市会議員 たのい一雄 市政報告

プラスαの魅力で「横浜型IR」

1月19日号

未来に責任この国を前に進める

国・県・市で連携し重要政策の立案、実現へ

今年は横浜発展の好機

自民党 市会議員 たのい一雄

今年は横浜発展の好機

1月1日号

断固として県民の安全安心を

自民党  県議会議員 桐生ひであき

断固として県民の安全安心を

1月1日号

地域の視点で防災・減災を

自民党 市会議員 せのま康浩

地域の視点で防災・減災を

1月1日号

関連記事(ベータ版)

港南区版の関連リンク

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

港南区・栄区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年10月19日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク