港南区版 掲載号:2012年4月26日号

新人議員による市政報告【10】

あんしん電話制度とあんしん入居事業

公明党横浜市会議員団 安西ひでとし

緊急時に連絡

 概ね65歳以上のひとり暮らしや寝たきりの高齢者宅の電話機に、緊急通報装置を設置する「あんしん電話制度」があります。体調が悪くなったなど緊急時に利用し、ボタンを押せば、あらかじめ協力を依頼し、登録しておいた近隣の第1通報先(不在時は消防署)へ連絡するものです。

 しかし、設置対象の電話回線はNTTのアナログ回線に限るなど使い勝手の悪さもあり、2007年度から11年度までに利用者が41%減るなど、減少傾向が続いていました。

 しかし、高齢者の安全といのちを守る必要から、公明党は制度の改善提案を続け、今年7月から、利用できる電話機の制限を撤廃し、光回線やケーブルテレビ回線でも利用可能となります。加えて、第1通報先となる人が見つけられないケースにも対応し、民間事業者が運営する緊急受信センターが利用できるようになるほか、所得に応じて自己負担が変わるなど複雑だった費用区分も見直し、簡潔で分かりやすい制度に変更しています。自己負担についても市民税課税世帯でダイヤル通話料と回線等使用料、通報装置使用料のみですので、ご利用ください。

自立した生活を

 家賃などの支払い能力がありながら、連帯保証人がいないことを理由に民間賃貸住宅の入居を断られてしまう高齢者や障害者、外国人、ひとり親家庭などのために、市は入居支援として「民間住宅あんしん入居事業」を実施しています。

 同事業は協力不動産店が物件を斡旋すると共に、市が指定する保証会社が入居希望者から保証料をもらうことで、連帯保証人の代わりに家賃等の滞納保証を行う制度です。

 昨年度まで同事業は、新規契約のみを想定し、契約更新時に利用できませんでしたが、今年度から利用ができるようになりました。高齢者や障害者などが安心して自立した生活をできるようにと、改善提案してきたことが実りました。
 

安西英俊市会議員

TEL:045-671-3023

http://anzai-hidetoshi.com/

<PR>

港南区版の意見広告・議会報告最新6件

プラスαの魅力で「横浜型IR」

市会議員 たのい一雄 市政報告

プラスαの魅力で「横浜型IR」

1月19日号

未来に責任この国を前に進める

国・県・市で連携し重要政策の立案、実現へ

今年は横浜発展の好機

自民党 市会議員 たのい一雄

今年は横浜発展の好機

1月1日号

断固として県民の安全安心を

自民党  県議会議員 桐生ひであき

断固として県民の安全安心を

1月1日号

地域の視点で防災・減災を

自民党 市会議員 せのま康浩

地域の視点で防災・減災を

1月1日号

関連記事(ベータ版)

港南区版の関連リンク

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

港南区・栄区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年10月19日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク