港南区版 掲載号:2012年5月31日号

新人議員による市政報告【11】

命を守る防災ベッド 設置補助の利用を

公明党横浜市会議員団 安西ひでとし

 震災時、建物が倒壊しても命だけは守ろうと、横浜市は「防災ベッド」と「耐震シェルター」の設置費用を補助しています。この制度が公明党横浜市会議員団の行動により、2012年度から補助対象者が拡大し、利用しやすくなりました。 防災ベッドは上部を頑丈なフレームで囲っているもので、耐震シェルターは部屋の中に設置する丈夫な箱のようなものですが、両方とも建物が倒壊しても生存スペースを確保し、圧死を防ぐ効果が期待されています。

 市は1981年5月以前に建てられた2階建以下の木造住宅に居住している人を対象に、防災ベッドまたは耐震シェルターの購入費用として10万円を限度に補助しています。昨年度まで年齢制限等がありましたが、今年度から条件が緩和され、対象住宅にお住まいなら誰でも制度を使えるようになりました。

 市は木造住宅の耐震改修工事についても助成していますが、自己負担も高額です。防災ベッドならば運搬や設置なども含めて費用は30万円ほどから選べ、10万円の補助があれば20万円で導入することができます。

 阪神・淡路大震災で亡くなった人の8割が建物倒壊による圧死でした。自分や家族の命を守るために、この補助制度をご検討ください。詳細は市建築局まで。【電話】045・671・2930

赤ちゃんの命を守る

 生まれた赤ちゃん1万人に1人の割合で発症し、命に関わる「胆道閉鎖症」。この病気は便の色の異常で気付くことでき、また、早期に手術することによって生存率を高めることができるため、公明党の市・県・国の議員が連携し、便色の簡易チェックができるカードを母子手帳にとじ込むことを国に要望してきました。その結果、この5月から横浜市も含む全国一律でとじ込みを実現しました。
 

母子手帳に便色カラーカード
母子手帳に便色カラーカード

安西英俊市会議員

TEL:045-671-3023

http://anzai-hidetoshi.com/

港南区版の意見広告・議会報告最新6件

プラスαの魅力で「横浜型IR」

市会議員 たのい一雄 市政報告

プラスαの魅力で「横浜型IR」

1月19日号

未来に責任この国を前に進める

国・県・市で連携し重要政策の立案、実現へ

今年は横浜発展の好機

自民党 市会議員 たのい一雄

今年は横浜発展の好機

1月1日号

断固として県民の安全安心を

自民党  県議会議員 桐生ひであき

断固として県民の安全安心を

1月1日号

地域の視点で防災・減災を

自民党 市会議員 せのま康浩

地域の視点で防災・減災を

1月1日号

関連記事(ベータ版)

港南区版の関連リンク

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

港南区・栄区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年8月17日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク

メール版タウンニュース

ライブカフェミッシェル

タウンニュースホール

ケータイ版タウンニュース

ケータイで左のQRコードを読み取るか以下のURLを入力してください。

http://www.townnews.co.jp/m/