港南区版 掲載号:2012年10月25日号

新人議員による市政報告【16】

区保有広報車の有効活用を

公明党横浜市会議員団 安西ひでとし

 横浜市は各区で保有している公用車にスピーカーを搭載し、震災など有事の際には広報車として使えるようにしています。東日本大震災を契機に全市で約70台から約200台まで増えましたが、被災時に活用できる体制なのか不安があります。そこで、決算第二特別委員会で質問しました。

 広報車は災害時に補助的な広報ツールとして位置づけられていますが、実際の運用方法は区ごとに定めるとのこと。一部の区では交通安全キャンペーン等で活用しているとのことですが、震災はいつ起きるか分かりません。防災訓練で積極的に活用し、課題を踏まえながらマニュアル化すべきだと考えています。

 市内における同報無線の設置は沿岸部だけにとどまっていますが、広報車はその代替手段になります。また、情報が集まる地域防災拠点ではなく、自宅で避難生活をしている人への広報手段としても有効です。せっかくの広報車が無駄とならないように要望しました。

温暖化対策を海で

 海水や海藻、貝類など海洋資源が二酸化炭素を吸収することを「ブルーカーボン」と呼び、地球温暖化対策の1つとして最近注目を集めつつあります。

 そんな中、市地球温暖化対策事業本部と横浜・八景島シーパラダイスは協働で、ブルーカーボンの実証実験を昨年度から始めており、私も視察をしました。

 八景島内の実験海域では、貝類や海藻などが育成され、二酸化炭素がどの程度削減できたか効果測定を行っています。今後はブルーカーボンによるカーボンオフセットなどの経済的価値を検討していくとのことですが、横浜市は南北に長い沿岸部を持つため、温暖化対策としては非常に有効であると感じました。

八景島内での実験施設
八景島内での実験施設

安西英俊市会議員

TEL:045-671-3023

http://anzai-hidetoshi.com/

港南区版の意見広告・議会報告最新6件

プラスαの魅力で「横浜型IR」

市会議員 たのい一雄 市政報告

プラスαの魅力で「横浜型IR」

1月19日号

未来に責任この国を前に進める

国・県・市で連携し重要政策の立案、実現へ

今年は横浜発展の好機

自民党 市会議員 たのい一雄

今年は横浜発展の好機

1月1日号

断固として県民の安全安心を

自民党  県議会議員 桐生ひであき

断固として県民の安全安心を

1月1日号

地域の視点で防災・減災を

自民党 市会議員 せのま康浩

地域の視点で防災・減災を

1月1日号

関連記事(ベータ版)

港南区版の関連リンク

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

港南区・栄区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年8月17日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク

メール版タウンニュース

ライブカフェミッシェル

タウンニュースホール

ケータイ版タウンニュース

ケータイで左のQRコードを読み取るか以下のURLを入力してください。

http://www.townnews.co.jp/m/