港南区版 掲載号:2013年2月14日号

新人議員による市政報告【18】

一般質問で市政を前進

公明党横浜市会議員団 安西ひでとし

 昨年12月に横浜市会で一般質問を行いました。林文子市長らに市政の課題や問題の対応策などを聞きましたので、ご報告します。

 横浜市の人口推計では2025年に65歳以上の高齢者が100万人となり、人口に占める割合は25%になる見込みです。高齢化が進む状況で、高齢者の方が住み慣れた地域で安心して暮らし続けていけるような環境整備は重要です。その観点から言えば、高齢者が外出しやすいように支援していくことは地域交通としての位置付けだけではなく、福祉政策としても重要なことです。

 そこで、地域交通分野と福祉分野は一体的に取り組んでいくことが必要だと考え、林市長に見解を質問しました。

 林市長は、市の交通政策を議論する交通政策推進協議会で、地域交通の担い手と福祉や交通の関係者による部会を設立し、今後の地域交通のあり方を議論し、その成果を現在見直し中の「横浜都市交通計画」に反映していくと答弁。地域交通分野と福祉分野が協力する体制となったことで、高齢者に優しく、移動しやすい交通の実現に向けて一歩前進できたと考えています。

便色カードの活用推進

 出生9000人に1人の割合で発症する胆道閉鎖症は、新生児・乳児の肝臓から腸へ胆汁を排泄できなくなる病気です。放置すれば死に至る病気ですが、便の色で異常に気付くことができ、早急な手術で生存率を高めることができます。

 そこで公明党は国に働きかけ、母子健康手帳に「便色カード」を今年度から綴じ込み、便色異常に気付けるような体制を整えました。今後は活用法を啓発していく必要があると考え、林市長に方針を質問しました。

 林市長は母子健康手帳交付時や新生児家庭訪問時に便色カードの説明や確認をするほか、今後は母子健康手帳の記録ぺージに便色確認のチェック項目を追加するなど、便色カードの活用について一層の啓発を強化する方針を答弁しました。これからも命を守る政治を実現していきます。
 

安西英俊市議

TEL:045-671-3023

http://anzai-hidetoshi.com/

<PR>

港南区版の意見広告・議会報告最新6件

プラスαの魅力で「横浜型IR」

市会議員 たのい一雄 市政報告

プラスαの魅力で「横浜型IR」

1月19日号

未来に責任この国を前に進める

国・県・市で連携し重要政策の立案、実現へ

今年は横浜発展の好機

自民党 市会議員 たのい一雄

今年は横浜発展の好機

1月1日号

断固として県民の安全安心を

自民党  県議会議員 桐生ひであき

断固として県民の安全安心を

1月1日号

地域の視点で防災・減災を

自民党 市会議員 せのま康浩

地域の視点で防災・減災を

1月1日号

関連記事(ベータ版)

港南区版の関連リンク

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

港南区・栄区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年10月19日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク